青春、朱夏、白秋、玄冬――人生を4つに分けた時の4番目のステージ
このステージを、かつてなく自由で最良の生き方にする7つのすすめ

《人間はオギャーと生まれたその日から、
 死のキャリアとしてこの世に生き、
 約束された死は必ず実現する。
 いわば死を抱えながら生きる病人としてこの世に生まれ、
 再び「大河の一滴」となって海に帰る。
 肉体としての自分は消えてなくなるけれど、
 大きな生命の循環の中に、命のエネルギーは溶け込んでいって、
 そこで永続する。
 だから、天上天下唯我独尊。
 犀の角のごとく独り歩めというブッダの言葉のように、
 孤独死、結構ではないかと思うのです。》

著者の五木寛之氏(撮影・戸澤裕司)

7つのすすめで伝授する、孤独の楽しみを満喫し、元気に老いるためのレッスン!

1. 同居自立のすすめ
2. 非相続のすすめ
3. 再学問のすすめ
4. 妄想のすすめ
5. 趣味としての養生のすすめ
6. 楽しみとしての宗教のすすめ
7. 単独死のすすめ