岐阜在中の歴史作家・鈴木輝一郎がゆるりとめぐる、戦国武将の史跡。
つい見落としてしまいがちな渋い史跡の数々を自らの足で訪ね、
一つ一つねぶるように味わい倒すルポルタージュ・ブログシリーズ開幕!

なんとなく出かけた秀吉の生誕地で見たものは……!



戦国の史跡に囲まれた場所に住んでいると、
どうにも横着になっていかん。
同業者知人の自宅の近所に、
太閤秀吉の生誕地(らしい)豊国神社があった、
とだいたいの記憶があった。
 
過日名古屋に電車で(普通は自動車で移動してます)いったついでに、
下調べもなしに行って、地下鉄ふた駅ぶんを歩いた。
こんないい加減な現地踏査でもちゃんと見つかるから、
岐阜に住んで戦国物を書くのはラクなわけなんですが。

 


場所は『豊国神社(ほうこくじんじゃ)。
「太閤まつり」ってのが毎年5月中旬に行われています。

豊臣秀吉こと羽柴秀吉こと木下藤吉郎は、
天文6年(1537年)生まれのようです。
生まれた場所は「尾張中村」。
そこまでは間違いない。
ところがこの豊国神社、創建が明治18年と、
きわめて新しい。

歴史の場合『最後に書いた人の敵の敵は味方』って法則がある。
明治政府にとって徳川は敵で、
その敵だった豊臣は偉い人扱いにされたんですな。

 


徳川時代に書かれた
豊臣秀吉の伝記(信頼性は低いけどね)の『甫庵太閤記』も、
通して読むと秀吉の出世してる部分はすくなくて、
多くが秀吉の陰険さとか下克上の無茶ぶりをたしためてます。

まあ、そんな具合なので、
この豊国神社近辺で秀吉が生まれた、というのは、
「大きく嘘はついていないけれど正確ではないし、
かといって間違いだと断言する根拠もないので、
ここで生まれましたといっても許しちゃおう」
ぐらいの話です。
秀吉の青少年時代はほとんど何もわかっていないので、
これでもまだ史跡としては良心的なほうですけどね。

 


いまでこそこんなツインタワー
(写真はJR高島屋&マリオットアソシアホテル)
がそびえる大都会ですが、
尾張中村は戦国時代、田圃ばかりのひなびた土地でありました。

以下は『祖父物語』(戦国時代に残された伝聞集。信頼性は「まあまあ」)から。
秀吉の最盛期、小田原攻めに向かう途中、秀吉は尾張中村に立ち寄った。
そこで「二王という者はおらぬか。余よりいくらか年上の者だが」とたずねた。

「ガキのころ、二王が刈り取った草をちょっとくすねたら、
二王がカマの柄でしたたかに殴ってきてなあ。
その恨みはいまだに忘れられんのや。見つけて首をはねたいんやが」
という。
「二王はすでに死んでおりまする」
「ならば子はおらんか」
「子供もすでに死んでおりまして孫しかおりませぬ」
「孫では遠すぎる。しょうがねえな」
とあきらめた由。
陽性にみえるけれど、
なかなか太閤秀吉は根が暗いというか執念深いというか。

だからまあ、あそこまで出世できたんでしょうけどねえ。
(了)