新年度が始まって約2ヵ月、2016年になって約半年――。5月病と言われる時期も過ぎ、順調に過ごしている人もいる一方で、依然として身体や心の疲れがとれない人もいるのではないでしょうか。
 そんなとき、「自分には無理かもしれない」「なんてダメな人間だろう」など、いろいろな不安が頭をよぎるかもしれません。
 そこで、自分を苦しめる思い込みを「お母さん病」と名づけ、数多くの症例を見てきた精神科医宮島賢也先生に話を伺いました。
 

◆「お母さん病」とはなにか

 うつの原因となる「お母さん病」とは、自分に満足せず、足りないものを他人の評価、お金、仕事などで埋める生き方を、「刷り込まれている心の状態」をさします。
 母親が悪いと追及するものではありません。「お母さん病」を子供に刷り込んだ親たちも「お母さん病」で苦しみつつ、生きてきたのです。

 

◆ストレスにさらされると出てくる「お母さん病」

「幼いときに満足できる愛情を得られず、自分を信じられず、不安が強い心の傾向」を持っている状態や「~でなければいけない」という条件付きの愛のなかで育つと、自己肯定感が弱くなります。
 つらいことでも我慢しなければならない、~ができないと自分は認められない、完璧でなきゃいけない、などの不幸せな思い込みが刷りこまれていきます。
 内面の自信のなさ、不幸せの思い込み、まだまだ足りない感がある、幸せ感に乏しい、これらが内面に巣くっていることを、ぼくは「お母さん病」と呼んでいきます。
「思い込み」を抱えて、仕事や人間関係で大きなストレスにさらされると、それまで隠されていた「お母さん病」が出てきます。
 上司に「こんな仕事でよく給料取ってるな」などの暴言を受けると、「~できないからダメだ」の、「お母さん病」の思い込みがわき上がってきて、さらに自分を追い込んでしまうのです。

 ストレスだけでもつらいうえ、もとから苦しい思い込みがあるので、耐えられずにうつになったり、心身症になったりして、体がメッセージを出すのです。
 ぼくのクリニックを受診して「どうしたいのか?」と聞かれても、「自分は本当は何をしたいのかわからない」という人が多いのです。やりたくないのにやる、ということに慣れてしまって、自分がしたいことに鈍感になってしまっているのです。

 いつも自分に自信が持てない。

 自分が好きになれない。

 生きる喜び、生きる目的がわからない。

 そのような人は、お母さん病を心の奥深くに、持っているのかもしれません。
 だとしても大丈夫です。
 お母さん病に気がつき卒業した時点から、オセロゲームの駒が黒から白になるように、あなたの人生は明るく豊かに変わっていきます。

次のページ 自分を苦しめているのは、まぎれもなく自分