「公開討論の場で、おちゃめな両先生」の巻

 

 本日(6月16日)に開催された、公開討論「テレビ報道と放送法ー何が争点なのか」の一場面。

「放送法遵守をを求める視聴者の会」の代表として、ケント・ギルバートさんとともに登壇した小川榮太郎先生と上念司先生。真面目な討論の一瞬のスキをつき、新刊本をPRしちゃいました^^

 討論相手の「放送メディアの自由と自立を考える研究者有志の会」の 砂川浩慶先生(立教大学教授/メディア総合研究所所長)、岩崎貞明先生(放送レポート編集長)、醍醐聰(東京大学名誉教授)先生、お騒がせしてスミマセン。。。悪いのは、討論前に見本を渡してしまった担当編集者なんです! 両先生は悪くありませんーーー!!

 ちなみに、この本 『テレビ局はなぜ「放送法」を守らないのか』(小川榮太郎・上念司)は今月(6月)25日に発売されます。内容は結構深いです。書店等で見かけたら、ぜひお手にとってご覧ください!