大衆リンチのフルボッコ状態でもしぶとかった舛添都知事もついに味方にも裏切られ、ついに息絶えた状態となったが……

舛添は結局大衆の集団リンチと自民公明の裏切りで辞めていき、

「もういい加減にしろ」の石原都知事再登場論に当の本人は最後の大物風情で

「都知事は橋下くんがいい」と言いながら満足げ。

民進党は蓮舫が都知事選に立候補なのかで盛り上がり、政治のにわか祭りが始まった。

一方、芸能では「ファンキーな モンキー不倫で ベイビーが」という川柳で盛り上がったと思えば、藤田ニコルが歌手デビューという死ぬほどどうでもいいニュースが流れてきた。

つねにネットニュースをウオッチし人間のそこはかとないおかしさを娯楽化する中川淳一郎氏と、ニュースの背後に存在する大衆社会のあさましさに対して毒舌を吐く適菜収氏。

このふたりの対談からは「こんなバカな時代をやりすごすヒント」が見つかるかもしれない——。

 

有名人の不倫ならどうやって最大限利用するか?

——スキャンダルに対する二人のアプローチが異なっていて、適菜さんは、世間がどんなに面白がって騒いでいても平気で無視したりするんですけど、中川さんはむしろネタにしてさらに炎上させて面白がるんですね。そこについてはどう思いますか?

中川 たぶんベッキーの不倫をどうやって最大限に利用するか。そこが違うんですよ。適菜さんはバカと突き放して、愚民どもが怒るんだけど、オレは愚民どもの反応を利用してやろうと思うんですよ。

適菜 舛添が公用車で湯河原の別荘に行ったとか、ファーストクラスに乗ったとか世間が騒いでいて、でもあまり興味ないんですよ。どうでもいい。「温泉ですか、うらやましい」くらいの感じで。で、ラジオで舛添の話題を振られたとき、別荘を自宅にして、自宅を別荘にすれば問題はないと言ったら、「適菜は舛添に甘すぎる。なにか裏があるに違いない」って。どんな裏だよ。

中川 オレはいくつかのメディアを背負っている部分があるから、ネタを利用する。そこがなければ、適菜さん的になります。今、適菜さんは隠居間近な文化人なわけ。オレはエコノミックアニマル。だから、高みにいっているかどうかな違いなわけよ。適菜さんは高みにいっているわけ。

適菜 世を捨てているだけです。

中川 捨てつつも高みに行っていて。たぶん、僕はまだ現世に執着があるんですよ。

適菜 私はテレビも見ないし、新聞も読まない。現世的なものにあまり関わっていると、胃が痛くなるというか。最近は「やりすごす」ことが大切だと思っています。ケンカもしたくないし。無駄だから。

中川 でも、適菜さんはこの歳でかなり高みにいった方ですよ。

適菜 行っていないですよ。

中川 行っていますよ。だって、ここまで、厭世的な人はいませんよ。本当に思います。まだ40代ですよね。いないですよ。普通の人は、現世のことを考えているし、ラジオで嫌われてもいいとか思わないですよ。せっかくラジオの仕事を頂いた、ウルッみたいになっちゃいますよ。

適菜 そうなんですかね。私は時間感覚がけっこう重要だと思っているんです。例えば、10代の頃は、モータウンとか60年代の黒人音楽をよく聴いていたのですが、すごく昔の音楽だと思ったんですよ。でも、今ではつい最近のことだと思うようになった。ジャネの法則っていうんですか。フランスの哲学者のポール・ジャネが言っていることですけど、主観的な時間の経過は、子供には長く、大人には短く感じられると。歳をとれば、その全体に対して、一年の割合は低下していく。そう考えたときに、子供の頃は江戸時代はすごく昔だと思いましたが、そうでもないかなと。1000年や2000年のスパンでものを考えると、例えば、近代発生が200年前で、キリスト教発生が2000年前じゃないですか。意外と歴史に関する感覚が身近になってきた。子供の頃は2000年前のキリスト教なんて関係ないという感じでしたが、現在と密接につながっている部分があると思うようになった。

中川 だと思いますよ。

適菜 京都を歩いていると、秀吉とかつい最近の人ではないかと。そう考えたときに、2000年ぐらいのスパンで考えると、なんかここ2~3日前にあったような話はどうでもいいやと。

中川 そこですわ!

適菜 某バーに居ついている変なオヤジがですね、私が70年代のロックの話をすると、「なんで君はそんなことを知っているんだ」と。オレらはリアルタイムでレッド・ツェッペリンとか聴いていたと。アホかと。10年、20年先に生まれたぐらいで偉そうなことを言うなよと。

中川 オレはそこで奇天烈になって、「実は私は1965歳なんです。頼朝のやろうは鼻たれ小僧だった」とか言って、テキトーなハッタリをかましていいと思うんです。「あの時の平清盛は」とかさ。「あそこで和解しておけば」とかテキトーな感じでいいと思うんです。

——中川さんはそうやって娯楽化して目の前にいる人を楽しませることが好きですよね。

中川 それしかないでしょ。たぶん、本とかこういうWebの対談だと、バカなほうが面白いじゃんと思うんですよ。オレは源義家のイタコという話をしちゃう。

適菜 平家だって、つい最近の話ですよ。

次のページ 哲学者・適菜収は、なぜ自分をババア研究者と名乗るのか?