常に新たな視点を持ち、従来の研究では取り扱われなかった古代史の謎に取り組み続けてきた歴史作家・関裕二が贈る、日本人のルーツを探る異端の古代史シリーズ!(現在第7弾まで発売中)その中でも厳選したテーマを紹介いたします。

炭素14年代法と纏向(まきむく)遺跡の発掘!!

吉野ヶ里遺跡、復元された集落(佐賀県神埼郡)

   ここ三十年で、古代史は大きく塗り替えられたと思う。特に、考古学の発掘調査が進み、そのたびに、新事実が浮かび上がってきたのだ。
   たとえば七世紀後半に天武(てんむ)天皇の手がけた巨大プロジェクトが明らかになった。
   日本列島を縦横に走る道幅十メートルを超える巨大幹線道路で、その路線は、現代の高速道路網をなぞるかのようだ。天武天皇は「古代版インフラ整備」を断行していたわけだ。

 そして本当に驚くべきことは、この事実が歴史に残らなかったことだ。
   これまで史学者たちは、「『日本書紀』は天武天皇のために記された」と主張してきた。
   それならなぜ、天武天皇の大きな業績のひとつが、きれいさっぱり『日本書紀』から抜け落ちているのだろう。
    答えは簡単なことで、『日本書紀』は天武天皇の死後数十年を経て編纂(へんさん)された「天武天皇の政敵の歴史書」だったということだ。具体的には、藤原不比等(ふじわらふひと)が編纂の中心に立っていた。藤原不比等の父・中臣(なかとみの)(藤原)鎌足(かまたり)は蘇我入鹿(そがの)かを滅ぼしたが、天武天皇は蘇我氏の後押しを受けて壬申(じんしん)の乱を制している。

 だから藤原氏は乱ののち活躍の場を失い、天武崩御(ほうぎょ)後ようやく復活している。当然藤原不比等は、親蘇我派の天武を憎み、業績を抹殺してしまったのだろう。

 邪馬台国論争も、考古学によって次々と新事実が明らかになった。纏向(まきむく)遺跡の発掘が進み、「邪馬台国はヤマトで決まった」と、豪語する史学者も現れたのだった。
    科学的な絶対年代測定手法・炭素14年代法を用いて、箸墓(はしはか)(箸中山古墳)の造営年代は三世紀半ばだった可能性が出てきたからだ。ちょうど卑弥呼(ひみこ)が死んだ時代に重なってくると、大騒ぎになったのだ。しかし因果なことに、邪馬台国の時代に限って、炭素14年代法が導きだす絶対年代は、あてにならないことが分かってきた。

塚原古墳群のヒミコの石像 (熊本県熊本市)

 自然界の炭素14は一定の速度で徐々に減っていくため、出土した木片や炭化した穀物に含まれる炭素14を調べることによって、遺跡や遺物の絶対年代が割り出せる。
    ただし、気象条件などによって減り方にバラツキが出るため、補正グラフを作るのだが、日本の三世紀から四世紀には、同じ数値が出ても数十年の幅が出ることが分かっている。

 結局、箸墓の造営年代は「卑弥呼の死の直後」と断定できなくなってしまった。皮肉なことに、科学のさらなる進歩によって、邪馬台国論争は、振り出しに戻ってしまったのである。

 

異端の古代史シリーズ② 卑弥呼 封印された女王の鏡』より