札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ! 毎日のコーデの参考に!

無駄を削ぎ落したモノトーンルックを
存在感ある小物使いで格上げ!

池畑孝資くん・東京
(25歳)社会人  身長161cm

アンダーカバーのアイコニックなTシャツが目を惹くシンプルルック。色使いやレイヤードテクなどで策を弄することなく、潔いまでにモノトーンコーデに徹した心意気や見事。しかしよく見ると、ネックレスやリング、時計などのアクセサリー類でしっかりと「アジ」のあるものを選んでいる。単純なように見えて実は繊細、それこそがシンプルと単調を分ける大きな境目となるのだ。小物以外は、ユニクロやドクターマーチンなど、オーソドックスに。

Tシャツ約9000円/アンダーカバー
パンツ約4000円/ユニクロ
ブーツ約2万円/ドクターマーチン
リング約5万円/古着のゴローズ
リング約9000円、ネックレス約9000円、時計約3万5000円/以上すべてマークバイマークジェイコブス

写真を拡大 リングにネックレス、そして時計と、アクセ3点を同ブランド(マークバイマークジェイコブス)で統一。さり気ないところでのコンセプチュアルなこだわりも、コーデに深みを与えてくれる。
写真を拡大 足元は今やストリートのスタンダードとなった〈ドクターマーチン〉で。ここでもしっかりと黒をチョイス。足首にヌケ感を出すことで、モノトーンの重さをやんわりと緩和している。