魔法びんのグローバル企業として人と社会に快適で環境にもやさしいライフスタイルを提案するサーモス株式会社が提供する、世界の最高に熱い環境をイメージした4Dアトラクションと、「サーモス真空断熱タンブラー」を同時に体験できるイベント「THERMOS HEAT GARDEN」を、SJの編集部員がレポート!

最高にアツい場所で、最高に冷たいドリンクを

6月23日、東京都は港区にそびえたつ六本木ヒルズ・ヒルサイド2Fに突然現れたこちらの物体。

魔法びんのグローバルブランドである〈サーモス〉が手掛ける、最新テクノロジーを用いたインタラクティブ体験コンテンツ『4Dエクスペリエンス』だ。
この建造物の高さはゆうに5メートル。フロアーまでシームレスに続くLEDディスプレイを使用したステージ上で、火山・砂漠・間欠泉を表現した大迫力の映像・音・光の中で、普段日本にいては味わうことのできない“究極の暑さ”を4Dで味わえるという画期的なシロモノだ。

今回6月23日~26日まで行われているイベント「THERMOS HEAT GARDEN」では、この『4Dエクスペリエンス』で“究極の暑さ”をじりじりと味わった後に、特設ビアガーデン『ガーデンスペース』で、〈サーモス〉のタンブラーに注がれたキンキンに冷えたドリンクを堪能することができる。

この寒暖の差の中で、冷たいものは冷たいまま、ドリンクの美味しい温度を長時間キープすることで定評のある「サーモス 真空断熱タンブラー」の魅力をその喉で感じてもらおうという趣旨なのである。

非常に分かりやすいコンセプトだ。

今回、イベント初日である23日、就寝時にもクーラーをフル回転させておかないと眠れない暑がり編集・Mが潜入。
〈サーモス〉のタンブラーの実力を体感してきた!

次のページ リアクションの乏しさには目をつむって下さい