札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 バックスタイルはこちらから

個性的なバチック柄をまさかの柄on柄でいなす

村瀬広樹くん・東京
(21歳)上智大学 身長180cm

夏になると挑戦したくなる、派手柄シャツ。
彼もまた例外ではないが、注目すべきはコーデの中で浮きがちなトロピカル柄に合わせたのがチョークストライプのスラックスであるという点だ。
ついつい柄に合わせておとなしめのチノやデニムをボトムスに持って行きがちだが、この攻めの姿勢には驚かされる。
だが、その他の小物をブラックで統一し、ロールアップで肌をのぞかせてヌケを作ることでクリーンでトラッド感すら感じさせるコーディネイトへと誘導。サイジングもタイトに揃えることで、アメカジ感も抑えたシティな装いに仕上がった。

古着のシャツ約5000円/ラルフ・ローレン
スラックス約1万2000円/ビームス
スニーカー約5000円/コンバース
時計約3万5000円/イッセイミヤケ
古着のブレスレット約1200円/不明

ウエアの柄が強いぶん、ローテクスイーカーが吉。
色を覗かせるなら、ソックスでチラリぐらいが。
ブレスレットも細身で都会的な印象に。