イラスト/フォトライブラリー

江戸の遊廓吉原に関して、いくつかの根強い誤解がある。その最たるものが、「三回目でようやく肌を許す」であろう。いまだに吉原に関する本には、

「吉原の花魁(おいらん)は気位が高く、客と初めて対面したときはツンとしていて、ろくに口もきかない。二回目には笑顔を見せ、話もするが、ただそれだけ。三回めで、ようやく客といっしょに寝ることに同意し、肌を許す」

という内容のことが書かれている。

まったくの俗説である。遊女伝説といってもよかろう。常識で考えれば、あるいはわが身に照らして考えてみたら、すぐにわかることではなかろうか。たとえば、筆者が風俗店に行ったとしよう。受付で前金を払い、個室に通されたが、現われた風俗嬢Aはツンとしていて、ろくすっぽ口もきかない。こちらが話しかけても、「ああ、そう」 と、生返事をするだけ。もちろん、「サービス」はまったくなし。そのうちに時間が来て、追い出される。さすがに筆者は怒り心頭に発して、受付の男に抗議をした。

「あまりにひどいじゃないか。金は返してくれ」

「いえ、これがうちのシステムでして。三回目から、Aはサービスをしますから」

こんなシステムに納得し、二回も無駄金を払って三回目に期待する男がいるだろうか。もちろん、筆者は二度とその店には行かない。

そもそも、こんな風俗店が成り立つとは信じられない。現代の風俗店と、江戸の吉原の妓楼との違いはある。しかし、商売の基本は同じはずである。やらずぼったくりを二回までする商売を、江戸の男たちも容認するはずがない。

あらためていおう。吉原では遊女は一回目から、ちゃんと客と寝ていた。

吉原に関する史料でも、三回目で肌を許すなどは裏付けできない。当時の吉原の遊びを活写した洒落本ではみな、遊女は初会から客と寝ている。吉原を描いた春本・春画でも遊女は初会から客と寝ている。三回目で肌をゆるすなど、まったく証明できない。にもかかわらず、「吉原の花魁は三回目でやっと肌を許す」という説がいまだに生き残っている。不思議で仕方がない。