昨シーズンのサッカー界、最大の話題といえばレスター・シティのプレミアリーグ優勝で異論はないだろう。降格と昇格を繰り返した「エレベータークラブ」が、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドといった世界的ビッグクラブを抑え、その頂点に立った事実は驚きとともに語られた。

一方、そのレスター・シティのレギュラーとしてチームの躍進を支えた岡崎慎司は、メディアの前で「悔しい」「怒り」という言葉を繰り返した。6月初旬に発売後、たちまち6万部を突破した、プレミア一年目を振り返った書籍『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)にはその心情の変遷が詳しいが、歴史的快挙の立役者となった一年を総括する書籍のタイトルが「未到」とは穏やかではない。

なにより、日本を代表するエースストライカー、親しみやすい雰囲気を身にまとい、泥臭いプレーを信条にチームの勝利を優先し献身的なプレーを見せる「典型的な日本人選手」として語られてきた彼はなぜ、一見そのイメージと相反するような言葉を繰り返したのか。

サッカー界にとっては「奇跡」として語られるレスター・シティの一年。しかし、われわれ日本人にとっては、日本を代表するストライカーが、これまで見せることのなかった「秘めた心のうち」を明かし、新たな日本人フォワード像へ突き進もうとする一年であったことを見逃してはならない。
7日間連続・独占インタビュー5日目は写真で振り返るトークイベントレポート!

――『未到 奇跡の一年』刊行記念イベントはどうでしたか?

トークイベントというのはしたことがなかったので、変な汗をかきましたけど、ふだん会えないファンの方の顔が見られたのはとてもうれしかったですね。これから頑張っていくエネルギーになりました。

――イベントは予約開始からわずか40分で定員に。予約の電話が鳴り止みませんでした。

本当ですか。ありがたいですね。

――実際に多くの人の前でお話をしてみてどうでしたか?

僕に歓声が上がることはほとんどないので、嬉しかったですね。レスターに来て、優勝したおかげかな(笑)。

なにより、長い時間ではありませんでしたが、いろいろと話すことができて自分の気持ちや思っていることを知ってもらえたのはすごくいい機会だったと思います。

――参加できなかった方も含めて、改めてファンの方へメッセージをお願いします。

イベントに来てくださった方、ありがとうございました。これから頑張るエネルギーになりました。来られなかった方も含めて、みなさんの期待を感じましたし、その期待に応えられるよう頑張りたいと思います。

今シーズンはプレミアリーグだけではなく、チャンピオンズリーグもありますし、日本代表ではワールドカップ最終予選もあります。昨シーズンに感じた「未到」の気持ちを晴らせるよう、ゴールに対して貪欲な姿勢でプレーしていきたいと思うので、これからも応援宜しくお願いいたします。

<次頁は写真で見る、イベントレポート!>

次のページ 写真でみるイベントレポート