昨シーズンのサッカー界、最大の話題といえばレスター・シティのプレミアリーグ優勝で異論はないだろう。降格と昇格を繰り返した「エレベータークラブ」が、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドといった世界的ビッグクラブを抑え、その頂点に立った事実は驚きとともに語られた。

 一方、そのレスター・シティのレギュラーとしてチームの躍進を支えた岡崎慎司は、メディアの前で「悔しい」「怒り」という言葉を繰り返した。6月初旬に発売後、たちまち6万部を突破した、プレミア一年目を振り返った書籍『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)にはその心情の変遷が詳しいが、歴史的快挙の立役者となった一年を総括する書籍のタイトルが「未到」とは穏やかではない。

 なにより、日本を代表するエースストライカー、親しみやすい雰囲気を身にまとい、泥臭いプレーを信条にチームの勝利を優先し献身的なプレーを見せる「典型的な日本人選手」として語られてきた彼はなぜ、一見そのイメージと相反するような言葉を繰り返したのか。

 サッカー界にとっては「奇跡」として語られるレスター・シティの一年。しかし、われわれ日本人にとっては、日本を代表するストライカーが、これまで見せることのなかった「秘めた心のうち」を明かし、新たな日本人フォワード像へ突き進もうとする一年であったことを見逃してはならない。
7日間連続・独占インタビュー4日目、公開!

 

――結局、最初の質問に戻ってしまいますが、最終的にやっぱり「未到」、未だ達せず、の境地に至ったのはなぜでしょうか。 

 

一番それを思い知ったのは、最終節のチェルシー戦ですね。久しぶりにスタメンを外されたとき、めちゃくちゃ悔しかったんですよ。正直に告白すれば、試合前日とかは、最終節だし、これまで出られなかったメンバーで頑張っている選手もいたんで、もしかしたらスタメンはないかもしれない、と思っていたんです。でも、いざスタメンを外された、という事実を目にしたとき「やっぱり俺は試合に出たいんだ」という思いが沸々とわいてきた。それがどんな感情か、といえば「怒り」に近いものだったんです。

 別に外されて監督やコーチに怒っているわけじゃないんです。やっぱり試合に出たい。本にも書いたし、その後のインタビューとかでも再三言ったとおり、いろいろな「予想外」があったシーズンだったんですけど、最後の最後まで予想外のことが起きるんだな、と。ああ、サッカーをまだまだやりたい、ヴァーディにもマフレズにも負けたくない。スタメンを外されたことを見返したい。そんな感じでした。

――「予想外」。

 はい。そういう意味では、最後に出た答えはシンプルだったんですよね。

 試合に出たい。

 誰にも負けたくない。

 そしてゴールを取って周りを認めさせたい。

 そう感じるってことは、僕はこのシーズンそれができていなかった、ということでもあるわけじゃないですか。だから僕にとっては「未到」。未だ到達せず、という一年でした。

――なるほど確かにそうですね。優勝が決まって、チェルシー戦までの間にはもう一試合、エバートン戦もありました。この試合はどんな気持ちだったのでしょうか。

 このときはスタメンだったんですけど、結局、後半17分に代えられてやっぱりそこでも悔しい思いはありましたね。
 先ほども話したヴァーディの家で試合を見ているときから、この試合(トッテナム対チェルシー戦)で優勝が決まらなくても、「次のエバートン戦で俺がゴールを決めてヒーローになってやる」とも思っていたんで、そこのモチベーションはしっかりあったんです。
 実際、ヴァーディの家では、0対2になった時点で、ほとんど次の試合のことを考えていましたね。口では「一点取れば流れが変わるぞ」って言っていましたけど、「たぶんないやろな」と思っていたので。

 そう考えると、だからこそよけいに優勝が嬉しかったのかもしれないです。次の試合への準備もしていたところに、優勝が転がってきた、みたいな。こんなこと、あるんだなあ、と運命じゃないですけど、そんなふうに思ったことを覚えています。
 ただそうやって優勝が決まっていたとはいえ、モチベーションをしっかり持っていたからこそ、エバートン戦で代えられたことは悔しかったし、最終節ではスタメンを外されて悔しかったんです。

――一年間、本当に貴重な体験をされたわけですね。

 いやあ、そうですね。

 応援してくれたファンの方たちにとっては「奇跡の優勝」だったかもしれないですけど、僕にとっては嬉しいことがある一方で、悔しさとか怒りとかもあって、それゆえ考えることも学ぶこともたくさんあった。そういう気持ちをファンの人にも、これから海外でプレーしてみたいと思う選手とかにも知ってもらいたい、と思ったんです。
 今回、本(『未到 奇跡の一年』)を出させてもらったのは、そういう優勝の舞台裏にあった、自分の感情の起伏を伝えたいということもありましたね。まさに貴重な一年でしたから。


 明日は閑話休題。秘蔵写真満載のイベントレポート!「歓声が上がる経験がないから嬉しかった」です。お楽しみに!