昨シーズンのサッカー界、最大の話題といえばレスター・シティのプレミアリーグ優勝で異論はないだろう。降格と昇格を繰り返した「エレベータークラブ」が、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドといった世界的ビッグクラブを抑え、その頂点に立った事実は驚きとともに語られた。

一方、そのレスター・シティのレギュラーとしてチームの躍進を支えた岡崎慎司は、メディアの前で「悔しい」「怒り」という言葉を繰り返した。6月初旬に発売後、たちまち6万部を突破した、プレミア一年目を振り返った書籍『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)にはその心情の変遷が詳しいが、歴史的快挙の立役者となった一年を総括する書籍のタイトルが「未到」とは穏やかではない。

なにより、日本を代表するエースストライカー、親しみやすい雰囲気を身にまとい、泥臭いプレーを信条にチームの勝利を優先し献身的なプレーを見せる「典型的な日本人選手」として語られてきた彼はなぜ、一見そのイメージと相反するような言葉を繰り返したのか。

サッカー界にとっては「奇跡」として語られるレスター・シティの一年。しかし、われわれ日本人にとっては、日本を代表するストライカーが、これまで見せることのなかった「秘めた心のうち」を明かし、新たな日本人フォワード像へ突き進もうとする一年であったことを見逃してはならない。
7日間連続・独占インタビュー7日目、公開!

 

 

つまり、ほかの選手はふだんからミスをしているのに、僕がたった一回ミスをしただけで、ものすごく怒られる。これまでしてこなかったから、お前のよさはそこだろう、みたいになっているわけです。

――ほかの選手の複数のミスより、ミスをしない評価をされている選手のほうが、一回のミスが命取りになる。

 はい。だから絶対に、「ミスをしない」という評価されていることがきちんとできているときに、チャレンジしたほうがいいんです。チャレンジするってことはミスも増えるわけじゃないですか。言い方はおかしいですけど、いい循環のときにチャレンジをしてミスをしておいたほうがいい。チャレンジのミスを。

――チャレンジする選手だ、と周りに認識させる。

 そうです。

――確かに、マフレズ(レスター所属/16得点を記録したドリブラー)がいまさら一回ボールを失ったくらいで、周りは何にも思わないですよね。

 そうそう、そういうことなんですよ。でもマフレズはそれだけ自信があるわけじゃないですか。何回かチャレンジすれば絶対に成功する、ゴールにつながるプレーができるっていう自身が。それが外国人選手のすごいところなんです。

 日本人だったら何回もミスしたら、もう今日はやめとこうかなってなるじゃないですか。でも、外国人選手は「これで交代してもいい」くらいの自信があるんですね。

――なるほど……。それは日本人サッカーにとっても参考になる話です。

 いやでも、やっぱり考えさせられますよ。こういうメンタリティの選手ってどうやったら育つんだろうって。

――岡崎選手自身は、そうしたミスをしてチャンレジを続けるというメンタルというのは強いほうですか。

 それはそのミスによりますね。

 自分がメンタル的に負けていて、緊張して弱気になってミスをしてしまうとか、焦ってしまってミスが続く、とかなってしまうとやっぱり「今日はちょっとあかんな……」ってなりますけど、最初から強気で、チャレンジができていれば、そのミスに対しては「別にミスしてもゴールを決めればいい」くらいに思える。

 大事なことは、そういう雰囲気が周りにも伝わっているっていうことですね。だからメンタルって重要なんだと思います。

――メンタル的で言えば、岡崎選手はポジティブなイメージがありましたが今回のお話や、ご著書『未到 奇跡の一年』や『鈍足バンザイ』などを拝読して、意外にそうでもない、ということも感じました(笑)。意外な素顔がまだまだあるように感じます。

 はははは。まあ、あんまり自分がどう考えているとか、何をしているかっていうのは知られたくないタイプだったりするんで。でも今回の書籍ではそこを包み隠さず書いています。だから、等身大な岡崎慎司、リアルな僕っていうことを知ってもらえればなと思っています。

――来シーズン、また岡崎選手にどんな心境の変化があるか楽しみになりました。

 そうですね、チャンピオンズリーグもありますし、代表も最終予選に入ります。とにかく昨シーズンの悔しさを晴らして、ふた桁ゴールを目指したいです。「未到」から脱却できるように頑張ります。