7月に入り、まだまだ、ジメジメした梅雨空が続きますが、

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

僕は先日、某番組のロケで、泳げない方への水泳指導をしてきました!

生徒さんは20歳と14歳の女性で、水なれ部分をもうひとりの先生が担当し、

後半の息継ぎの部分を僕が担当しました。

内容はちょっとお話しできませんが、最後は無事に25m泳げて良かったです!

今年の夏、同じように25m挑戦する方、頑張ってくださいね〜!

それでは、前回に続き「なぜ、水泳は体に良いのか?」。

今回は「水圧」に関して考えてみたいと思います。


潜ると耳に水が入る、鼻に水が入る、口に水が入る。。。

この日常生活にはない水泳での不快な現象。

これ全部、水圧があるからなんです。


でもこの水圧、実は体に良い事盛りだくさん。

代表的なメリットは2つ。

血流アップ!と心肺機能アップ!です。


ではひとつづつ。

「水圧で血流アップ!」

 

夏なのに、足が冷えるんです。。

午後になると足がむくんでボンボンです。。。

そう、この冷えやむくみに水圧が効くんです。


血液を全身にドックンドックンと循環させているポンプが心臓。

一度心臓から送られた血液は、動脈を通ってつま先から頭まで送られる。

その後、静脈を通って約1分後に再び心臓に戻ってくる。

問題はつま先に行った血液。

心臓に戻るには重力に逆らわないと戻ってこれない。

そこで活躍するのがふくらはぎを代表とする筋肉達。

この筋肉の収縮と弛緩がポンプの役目を果たし、血液を再び心臓へ戻すのです。

ところが、、、

運動不足の現代人はこの筋力がとにかく低下している。

その結果、脚に血液溜まる〜。。。リンパの流れも滞る〜。。。

はい、冷えとむくみの出来上がり。チン♪

今、うんうん、って声が聞こえました(笑)。


でも、大丈夫。

水中では水圧によって血液の循環が促進されるため、

血流が良くなるのです。

これにより、血の巡りが悪い事からひき起こる疲労の回復、

肩こりの改善、腰痛の改善などが期待できるのです(^^)


そしてもう一つ。

「水圧で、心肺機能アップ!」


水の中に入ると、水圧によって肺の容積が小さくなる。

水泳はこの肺の容積が小さくなった状態での運動。

水中では、酸素を取り入れようと、僕らは呼吸努力を盛んに行うようになる。

こうして、横隔膜を代表とした呼吸筋群が鍛えられ、

その結果、酸素摂取能力が向上するわけです。


このため、日常的に水泳を取り入れた生活をしている方は

普段から酸素摂取量が高まり、持久力が向上し、疲れにくい体になるのです。


水圧によって、血行が良くなって、疲れにくくなる。

なんとも、良い話じゃないですか?

これで仕事がはかどるかもしれないですよ〜!!


そうそう、最近のスポーツクラブの中には、

朝スイム!といって、朝の7時くらいから泳げるサービスを

開始したところがありますよね?

この朝スイム、最近はビジネスマンの利用が多いとか。

朝から血行良し!酸素良し!そんなベストコンディションで、

一日をスタートしている方が増えているみたいですよ(^^)。

ということで、今回は「水圧」のお話でした。

それでは、次回は梅雨明けごろですね。

お楽しみに!