札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 バックスタイルはコチラ

地味になりがちなべージュコーデを
素材とキャラクターでスタイリッシュに!

小向拓哉くん・東京
(26歳)美容師 身長175cm

ともすればおとなしくなりがちなベージュ主体のコーデがスマートに見えるのは、第一に本人の肌色とヘアのカラーがマッチしているから。小麦色の肌にホワイトとメリハリを効かせたサンドベージュを合わせれば、ちょっと某三代目風にも見えてくる。
また、そこはかとないリラックス感を付与しているのは、真っ白の清潔なニットT。風をはらむ独特なドレープ感が、ワークテイストの強いコーディネイトにゆるさを与えてくれる。
スニーカー、キャップの小物でかっちりとシメるのも忘れずに。

ニット約3000円/古着
パンツ約2000円/ディッキーズ
スニーカー約2800円/コンバース
キャップ(もらいもの)/シュプリーム
バッグ(もらいもの)/ミステリーランチ

ワイドなパンツにはローテクローカットがよく似合う。ここだけブラックを選ぶことで、コーデの引き締め効果を狙った。
無地で決めている分、小物でブランドを効かせるのも手。シュプリームなら一発でイバリが。
バックにはクタリ感のあるミルスペックブランドを。リラックス感のあるトップスにはベストなチョイスだ。