吉崎 綾(よしざき・あや)
1996年6月3日生まれ、福岡県出身。福岡県を中心に女優、モデルとして活動する。淡路ファームパーク「イングランドの丘」、脇汗が衝撃的な「AFF(アジアファッションフェア)」など、さまざまなローカルCMにも出演中(写真/佐賀章広)

 “福岡の奇跡”のキャッチフレーズとともに『ヤングジャンプ』の表紙を飾り、一躍時の人となったのが身長150cmの超新星・吉崎綾サンだ。

「(『ヤングジャンプ』は)初めての水着グラビアですごく緊張しました! なので『私は石原さとみだ!』と自分に言い聞かせて撮影に臨みました(笑)。それでもぎこちなかったのか、カメラマンさんからは『もっと自分を出していいんだよ』とアドバイスをいただきました。いやぁ、グラビアって奥が深いですね……」

 そんな彼女が抜擢されるきっかけになったのは、愛媛ローカルの「高田引越センター」のCM。再生回数200万回(!)を突破したというこのCMでは、プールサイドでシャツを脱ぎ捨てるセクシー美女を演じている。

「撮影のときは白いニップレスをつけていたのですが、シャツの素材が薄くて透けてしまったんです。そこで急きょ、肌色のものにつけかえたのですが、それがなんと半透明で(笑)。見えていないかドキドキしましたよ~」

 抜群のビジュアルにもかかわらず、気さくでゆる~い感じのキャラクター。そんな彼女の目標は?

「今はとにかく、みなさんに知ってもらうことが目標です。演技のお仕事をしたくてこの世界に入ったので、いずれそこにつながればいいなと思っています!」