「TOHOKU EMOTION」

 

高級ランチに下鼓を打ちながら「あまちゃん」の町へ
「TOHOKU EMOTION」(運行会社:JR東日本)

 

JR東日本による震災復興支援観光列車第1弾として2013年10月より八戸線の八戸~久慈間で運行されているレストラン列車。地元の食材を使い、高級感溢れる雰囲気。 

白い3両編成の車両のうち、中間の2号車が厨房、久慈寄りの3号車はオープンダイニング車両で、4人掛けと2人掛けのテーブルがずらりと並ぶ。八戸寄りの1号車はコンパートメント個室車両で4人部屋が並び、山側に通路がある。お昼前に八戸を出発する列車は、ランチコースでアミューズ、前菜、メイン料理、プティフール(デザートのお菓子)と続く。 

久慈までの1時間45分はあっという間で、ゆっくり食事をしているとちょっと慌ただしい。鮫駅を過ぎると左手にウミネコ繁殖地で知られる蕪島が現われ、このあたりから延々と太平洋に沿って走る。ランチを戴きながら流れゆく車窓を眺めるのは列車ならではの楽しみだ。沿線の人たちが大漁旗を振って歓迎してくれるのは嬉しいもてなし。 

久慈からの折返し列車はデザートブッフェ付きで、午後のティータイムを優雅に過ごせる。1時間20分程の久慈での滞在時間を、今も人気のNHK朝ドラ「あまちゃん」関連施設で楽しみ、往復乗車しても退屈しない。