気位の高い太夫は簡単にはなびかない?

吉原の遊女を一般に花魁(おいらん)と呼ぶが、花魁は上級遊女に対する敬称である。下級遊女は新造(しんぞう)といい、花魁とは呼ばない。もともと吉原の客の中心は大身の武士や豪商で、大名の隠れ遊びも珍しくなかった。吉原の遊びには大金がかかったからである。紀文こと紀伊国屋文左衛門(きのくにやぶんざえもん)や、奈良屋茂左衛門(ならやもざえもん)の豪遊は有名である。

遊女の最高位は太夫(たゆう)と呼ばれ、美貌はもとより幅広い教養も身につけており、気位も高かった。なかでも三浦屋の高尾太夫(たかおだゆう)は、自分になびかぬことに怒った仙台藩の藩主に斬り殺されたという。しかし、高尾は代々襲名されており、何代目の高尾なのかはっきりしない。そのほか、小紫(こむらさき)や揚巻(あげまき)などの太夫は歌舞伎に登場することで伝説化した。伝説化は吉原の太夫がいかに男たちのあこがれだったかの証拠でもあろう。現代の女優、タレント、モデル、などを合わせた存在が太夫だった。

ところが、宝暦年間(1751〜1764)に吉原は営業方針を大衆路線に切り替え、客の中心は庶民となった。もちろん依然として貧乏人には無縁な世界だったことに違いはないのだが。

新造や禿を従え、引手茶屋から妓楼に向かう花魁の一行。客(大尽)は晴れがましい青楼絵抄年中行事. 上之巻/国立国会図書館所蔵
 

 

江戸時代には太夫(たゆう)はいなかった?

この時期、太夫という呼称はなくなり、最高位の遊女は昼三(ちゅうさん)と呼ばれた。つまり、時代小説や時代劇に描かれる吉原には太夫は存在しなかったことになる。宝暦期以降の吉原の遊女の階級はつぎの通りである。

花魁(おいらん、上級遊女)
高位から順に昼三(ちゅうさん)、座敷持(ざしきもち)、部屋持(へやもち)と呼ばれ、自室を与えられていた。昼三のなかでも最高位は「呼出し昼三」と呼ばれ、客は地方の豪商や豪農、諸藩の留守居役(るすいやく)などの富裕層。昼三は新造つきで一晩、最低でも13万円〜。座敷持は、昼三と同様に日常生活を送る個室と、客を迎える座敷を持つ。昼三にくらべ、部屋は質素。客は旗本の次男坊や商家の番頭など。一晩、5万円前後〜。部屋持は、日常生活を送る個室に客を迎えた。客は諸藩の藩士や裕福な幕臣など。一晩、2万5000円〜。※価格はすべて交遊費などを含めない揚代(あげだい、遊女代)のみ。1両=10万円で計算

新造(しんぞう、下級遊女)
自室はなく20畳程度の部屋で共同生活だった。客がつくと、共用の「廻し部屋」を使った。また、30歳過ぎの年季明けの遊女は、客はとらず、上級遊女の雑用などを引き受ける番頭新造(ばんとうしんぞう)を務めた。

禿(かむろ)
10歳前後の女の子で、花魁の雑用をしながら廓(くるわ)のしきたりや、遊女としてのしつけを学び、読み書きも教えられた。15歳位で新造となり客をとる。

文/永井義男(江戸文化評論家)