夜明け前に起床して1日2回営業、終業時刻なし!

江戸の人々は朝が早いため、吉原に泊まった客はたいてい夜明け前に妓楼を出る。そんな客を見送ったあと(この時、次の約束を取り付けるのが常)、遊女は二度寝をする。二度寝から起きて、朝風呂、朝食となり、妓楼の本格的な朝が始まった。

吉原の妓楼は昼見世(ひるみせ)、夜見世(よみせ)と1日に2回営業である。

起床した遊女は正午ころに始まる昼見世にそなえ、化粧や髪結いなどの身支度をするいっぽう、営業に来た商人の相手をしたり、手紙を書いたりする。「居続け」の客がいる場合は連泊してもらえるよう、言葉巧みに誘ったりもした。この時間帯に上級遊女の雑用をする見習いの禿(かむろ)たちは手習いなどをする。

昼見世が始まり、午後4時ころに終わると、遊女はやっと遅い昼食をとり、自由時間となる。日没と同時に夜の営業である夜見世が始まる。遊女は張見世(はりみせ。通りに面した座敷で格子の内側に遊女がならぶ)に居並び、客がつくと2階にあがる。時には複数の客の相手をしなければならず、夕食は1階であわただしくすませた。妓楼の営業は午前2時ころまでだが、遊女の寝床の仕事に終業時刻はなかった。

【遊女の1日タイムスケジュール】
06時〜10時:朝帰りの客を送ってから2度寝する
10時〜12時:起床し、入浴や朝食、身支度、掃除をする
12時〜16時:昼見世。張見世に出て客の相手をする
16時〜18時:自由時間。昼食や身支度をする。客に呼ばれて引手茶屋(客を遊女に紹介する茶屋)にいくことも
18時〜24時:夜見世。張見世にでて客の相手や酒宴など
24時〜02時:24時に表戸を閉じ、就寝または夜食など
02時〜06時:就寝時間は不規則だが、この頃には寝床に

朝帰りする客に羽織りを着せ見送る遊女たち。「青樓繪抄年中行事」より/国立国会図書館所蔵
朝の身支度、掃除をする遊女と「居続けの客」。「青樓繪抄年中行事」国立国会図書館所蔵 
夜見世。籬(まがき)の前を通って妓楼に入ろうとする客。

 

文/永井義男(江戸文化評論家)