■渋滞のイライラをどうするか

 

 休みとなれば山梨方面に行くことが多く、帰りは必ず渋滞に巻き込まれる。

慣れている部分はあるのだけれども、先週末の帰りの渋滞は本当に酷かった。

 

 酷い事故はなかったが、軽度の玉突きと故障車、車線規制などで、私の終点である調布まで中央道のほとんどが渋滞だった。

 それに合わせてウィンカーを出さない車線変更など、酷い運転をする人も多く、イライラは募った。

 

 車を運転すると怒りが溜まる。

 これは常だ。

 

 仕事の帰りならば、空いているので私はのんびり走る。

 法定速度で走っていると、車はどんどん私を追い越していく。

 帰りは高度の高い場所から下っていくので、のんびり走れば燃費がいいし、そうやって車と競争しなければイライラすることもない。

 

 イライラしないと言えば、こんなこともあった。

 ある日、ドライブ中に「みんなドライブを楽しんでいる仲間だ」という考え方が頭に浮かんだ。

 休日に旅先で車を運転している人たちは、皆同じように車生活を楽しむ人たちで、私は好きな車などを見て楽しんだりもしている。

 同じ趣味を持つ人たちが、この道路に集まっているのだ。

 

 そう思うと、普段のようにイライラしなくなった。

 
 

 

 ■勝ちたい心が、道路を殺伐とさせる

 

 いい考えだなと思うのだが、普段は忘れてしまう。

 高速では抜かせる、抜かせないといった人間同士の嫌味がある。

 山中湖では渋滞時に車が走れない真ん中の車線を行く車があり、その車がウィンカーをつけずに私の前の車の前に割り込んだ。

 当然、前の車はクラクションを鳴らしたが、割り込んだ男は車を降りて、前の車に喧嘩を売ってきた。

 男はチンピラ風だった。

 

 この状態に対して、「みんなドライブを楽しんでいる仲間だ」

とは思えないだろう。

 

 前の車の男性は相当頭に来ただろうが、ぐっとこらえて大げんかにはならなかった。

 そんな車の横を、ナントカ会とか呼ばれる暴走族OBのバイクが爆音を鳴らして走っていく。

 

「みんなドライブを楽しんでいる仲間だ」という気持ちを破壊するのは、「競争心」「勝ちたい心」だ。

 結局、道路はレース会場でもある。

 

 勝ちたい心が、道路を殺伐とさせる。

 

 アドラー心理学で言うと、彼らは勝つことで力を証明したい。

 そういう目的がある。

 

 対する方法は、勝たせてあげること。

 それしかない。

 怒りのミニマリズムには、それしかないのだ。