女性10名さま限定!絶景霊場をめぐる燕・弥彦観光1泊2日モニターツアー

東京駅から約2時間。新潟県燕市と弥彦村に1300余年の歴史を刻む越後の2大寺社がある。山内に鎮座する両寺社には越後平野・日本海を一望する絶景ポイントも。信仰と雄大な自然美を体感できる両寺社は、まさに越後最強の聖地!

まずひとつめは、和銅2年(709)創建、新潟県最古の名刹として知られる燕市・国上寺(こくじょうじ)。同寺には酒呑童子・源義経・西行・上杉謙信・良寛などの伝承が数多く残り、古来より霊験あらたかな聖地だったことを物語る。

標高約313mの国上山(くがみやま)の中腹にある境内を抜け、鬱蒼と茂る木々の中を進むと、眼前の緑が明け、鮮やかな朱色の橋梁が姿を現わす。国上山のシンボルとして親しまれる千眼堂(せんがんどう)吊り橋から望む越後平野の田園は、夏は青々と初秋は金色にと四季おりおりの表情が楽しめる。

国上寺本堂。裏手に国上山山頂へのハイキングコース入り口がある。
全長124mの千眼堂吊り橋。

 

もうひとつは、霊峰弥彦山(やひこやま)をご神体とする越後一宮・彌彦神社だ。参道に足を踏み入れると老杉と古欅が林立し、その荘厳さに思わず息を飲む。創建年は不明だが出雲大社と同じく「2礼4拍手1礼」を参拝方法とし、千年以上の歴史を持つ古社とされる。境内の宝物殿には、上杉謙信が宿敵・武田信玄との川中島合戦に際して奉納した直筆祈願文も伝わっている。

拝殿の後ろに聳える標高約634mの弥彦山山頂にあるご神廟では、日本海と越後平野の壮大な景観が待っている。このご神廟は、彌彦神社のご祭神・天香山命(あめのかごやまのみこと)と后神熟穂屋姫命(うましほやひめのみこと)の二柱(ふたばしら)を祀ることから縁結びの名所にもなっている。

霊峰弥彦山の麓に立つ彌彦神社拝殿。
神聖な空気に包まれた境内。

 

弥彦山山頂のご神廟へは、拝殿裏手にあるロープウェイで向かうのがおすすめ。

そんな、2つの絶景聖地と温泉を楽しむ1泊2日の癒し旅が特別価格で登場! 

1日目は、燕市の産業の歴史を紹介する燕市産業史料館を見学後、観光ガイドと国上山を散策。弥彦温泉の源泉かけ流し湯を楽しめる和風旅館でご宿泊。2日目は、彌彦神社の朝の神事「御日供祭(おにっくさい)」に参列後、神社を参詣。ロープウェイで山頂のご神廟へ。

往復のJR新幹線+温泉旅館宿泊+夕・朝食つきの1泊2日プラン。モニターツアー価格でおひとりさま12,000円〜16,600円(※)。女性10名様限定なのでご予約はお早めに。

【ツアー内容】
1日目/10月22日(土)
東京駅から「Maxとき」で燕三条駅へ
・ 燕市産業史料館見学
・ 国上山の国上寺、五合庵、千眼堂吊り橋へ
・ 弥彦温泉宿泊(「四季の宿 みのや」)

2日目/10月23日(日)
・ 彌彦神社の神事「御日供祭」に参列
・ 彌彦神社参拝(宝物殿入館、弥彦名物「こんにゃく」引換券つき)
・ 弥彦ロープウェイにて弥彦山山頂へ
燕三条駅から「Maxとき」で東京駅へ


●宿泊先:弥彦温泉 四季の宿みのや(5名様1室利用)
●モニター代金はお一人様あたり12,000円です!
※1部屋当たりの入室人員が4名の場合は+1,100円、3名の場合は+2,300円、2名の場合は+4,600円が上記モニター代金より追加となります。(1名利用の設定はございません、2名様以上でお申込ください)
●当モニターツアーご参加の方には旅行終了後のアンケートの回答を必須とさせていただきます。

●お問合せ先:詳しいご案内・旅行条件書をお送りしますので、ご希望の方は以下の宛先までお問合せください。

株式会社JTB関東 法人営業新潟支店 燕・弥彦モニターツアー 担当:西潟
〒950−0082 新潟県新潟市中央区東万代町1−30 新潟第一生命ビル3階
TEL:025−255−5101 FAX:025-248-7687 平日9:30〜17:30 土日祝日休