●「床急ぎ」は無粋者の金無し
吉原細見(よしわらさいけん)は吉原のガイドブックである。これを見れば妓楼の場所や格、遊女の名前や揚代(あげだい・遊女の料金)などがわかった。吉原細見は実用のみでなく、見物客が江戸土産として買い求める事も多い。吉原細見を参考にしながら、妓楼の張見世(はりみせ・遊女が並ぶ座敷)で遊女を見立て、男衆に「右から3番目の女を」などと指名して、登楼することができた。

遊女を見立てて指名した客は、まず妓楼2階の引付座敷(ひきつけざしき)と呼ばれる部屋に通される。ここで男衆なども同席して遊女と対面し、杯を取り交わす。その後、宴席をもうけることもあれば、すぐさま寝床に移動して遊女と床入りする場合もあった。後者は「床急ぎ(とこいそぎ)」の客と呼ばれた。
しかし、格式の高い「大見世(おおみせ)」は、こういう張見世で見立てて妓楼にあがる「直付け(じかづけ)」の客は受け入れず、引手茶屋(ひきてちゃや)を通した客しか迎えなかった。

● 吉原でもっとも贅沢な遊び方とは?
客はいったん吉原の大通り、仲の町(なかのちょう)にある引手茶屋にあがり、妓楼から遊女を呼んでもらう。指名された花魁は下級遊女や雑用係の幼女を引き連れ、引手茶屋にやってくる。ここでまず酒を呑みながら歓談する。

折を見て、客は花魁や引手茶屋の男衆に案内されて妓楼に向かう。この晴れがましい行列を、ほかの男たちはうらやましそうに見つめた。花魁にしてもいわゆる「同伴出勤」であり、妓楼において株があがった。妓楼に着くと、宴席をもうけて芸者を呼び、盛大な酒宴となる。台屋と呼ばれる仕出し料理屋から豪華な料理も取り寄せた。こうして大いに騒いだあと、花魁と床入りとなるが、引手茶屋の男衆は寝床までついてきて最後まで世話を焼いた。

翌朝、指定しておいた時刻に寝床まで引手茶屋の男衆が起こしにくる。起床した客は遊女に見送られ、男衆と引手茶屋に行き、ここで用意された雑炊などの朝食をとる。これが吉原のもっとも贅沢な遊び方だった。

引手茶屋を通した遊びは高くつくが、それでも利用するのは男の見栄はもちろんのこと、引手茶屋が遊興費をすべて立て替えたことが大きかった。引手茶屋の信用で、持ち合わせがないときでも豪遊できたのである。反面、つい気が大きくなって使い過ぎ、多額の借金を作ってしまいがちだった。落語に吉原で不義理をした若旦那がしばしば登場するが、たいていは引手茶屋への借金である。

遊女の料金表。右端が下級遊女の新造つき花魁。金1両1分(約13万)とある。「吉原細見」国立国会図書館所蔵。
「吉原細見」の中面。店ごとにどんな遊女がいるか、遊女の格と名前を記す。
引手茶屋で酒宴をする客。

 

文/永井義男(江戸文化評論家)