札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ! 毎日のコーデの参考に!

洗練され、計算しつくされ、そして
完成形とも言えるストリートモード

関 政哉くん・東京
(17歳)高校生 身長176cm

弱冠17歳の現役高校生ながら、すでに完成形の雰囲気を漂わせている彼。アート感あふれるTシャツをメインに据えつつ、スキニーパンツやブーツ、クラッチをブラックでまとめ、ちょいモードなニュアンスを強調した。とは言え、トータルでのサイジングはあくまで細身ではあるが、ほど良くゆる感のあるTシャツを取り入れたことで、最終的にはストリート感あるスタイルに落ち着かせたのはお見事。小物も含め、ひとつひとつのアイテムチョイスも目を惹く。

Tシャツ約1万円/アンダーカバー
パンツ約3000円/ユニクロ
ブーツ約1万3000円/ドクターマーチン
クラッチバッグ約1万円/ステュディオス
時計約4000円/カシオ
ネックレス約1万1000円/クリスチャンダダ

胸元には繊細なニュアンスを漂わせる<クリスチャンダダ>のネックレスをオン。Tシャツのアート感ともマッチ!
程良いクタリ感が味わい深い<ステュディオス>のレザークラッチバッグを手に。スタイルの中に深みを与えてくれている。
今やコンバースのオールスターと並ぶオシャレ男子の国民靴となった<ドクターマーチン>。黒のショートブーツで。