新刊『世界が絶賛する日本 われわれが知らない進化する真価』(Japan's best編集部:編)9月20日発売!!

1000円+税 四六・200P

◆日本の美点を振り返ろう!!

◆外国から指摘されてはじめてきづく日本の底力

◆知っている様で知らない、食・技術・カルチャー・経済!!!

◆世界一の歴史をもつ天皇家は、はかり知れない日本の財産!!

◆GDPだけではわからない世界一の豊かさを誇る日本!?
 

◎納豆が砂漠を緑化し汚水を真水に変える?

◎訪日外国人の50%以上がリピーター

◎落とし物が届く夢の国?世界一のKOBAN社会

◎日本の夫婦愛の証?世界が驚くお小遣い制

◎人工衛星と地球を結ぶ架け橋への挑戦!宇宙エレベーターが2050年に完成?

◎イスラム教徒が感謝した聖地のテントと専用時計

◎日本産なのに西アフリカの国民食?……etc.
 

◆本書の内容

第一章 世界から愛される日本

第二章 やっぱり日本の技術がすごい 技術①

第三章 日本の技術が世界を変える!? 技術②

第四章 世界を席巻する日本食がすごい

第五章 世界が愛している日本カルチャー 

第六章 やっぱり日本の思いやりはすごい

第七章 日本人が知らない世界が注目する制度
 

■最近はバラエティ番組など、日本のすごさや海外からの好意的な評価を伝えるコンテンツが徐々に増えてきました。実に素晴らしいことだと思います。ただ、これは当たり前の話なのです。本書を作成するにあたり、世界的な評価を受けているものがあまりに多すぎて、選択するほうが大変でした。

 よく知られている、日本の技術力などはいうにおよばず、マンガに代表されるサブカル、そしてヘルシーな日本食などが人気なのは周知の通り。それよりも我々の日常食となっているカレーやラーメンといった日本アレンジのフード、プールや給食、交番、母子手帳といった、日本人にとっては当たり前の制度などにも海外から熱い視線が向けられていることに驚かされました。

 日本の将来は実に明るいとは言い切れない問題・課題も多々ありますが、日本の美点は、そこかしこに転がっているのではないでしょうか? 本書は、そういえば“こんなところもあんなところも日本の良さでは”と振り返ることのできる一助になればと思っています。

                         Japan's best編集部