レトロランニングスニーカーと言えば、なんだかんだ言って
まだまだ名前が上がるのは、ナイキやニューバランス。

でも、「他とかぶりたくない!」「ひと足先を行きたい!」と
願うおしゃれな人は、着々と「次」に狙いを定めている!

そこでスニーカーに造詣の深い識者お三方に、「次に来る」と思う
レトランスニーカーをダービー形式で大予測してもらいました!

果たして、「先頭」でゴールするのは何のモデルなのか? それでは開催!

 

予測していただいたのは、ご覧のスニーカー識者3名!
スニーカーショップ、セレクトショップ、そしてスタイリスト、
各業界で特にスニーカーに造詣の深い方々に集まってもらいました。

 

【国井栄之氏(ミタスニーカーズ・クリエイティブディレクター)】国内外の多くのプロジェクトに関わる、スニーカー業界の第一人者。
【前田太志氏(ビームス・プレス)】日本を代表する人気セレクトショップのプレスとして活躍する一方、スニーカーに対する愛も深い。
【杉浦 優氏(スタイリスト)】メンズファッション誌『ストリートジャック』を始め、さまざまな雑誌、メディアで活躍を続ける、敏腕スタイリスト。

 

では、早速出走です!!!

 

【1枠】

 ルコック スポルティフ 

 

ブランド筆頭格〈エウレカ〉の後を追う

 1882年、フランスで創業のスポーツウェアブランドとして世界中で愛されている〈ルコック スポルティフ〉からは、ミッドテクランニングの象徴「ダイナクティフクッショニングシステム」を搭載した〈LSC R 900〉がエントリー。「海外やフリークの間で盛り上がっています」(前田)と、ブランドの象徴的モデルでもある〈エウレカ〉に続けるか、期待が高まっている。

 

【2枠】

 サッカニー 

 

期待値の高いサッカニーからは「第3のモデル」が

 1898年創業アメリカ最古のランニング専門ブランドとして知られる、〈サッカニー〉。ネクストブレイクと呼ぶには普及しつくしている感もあるが、ここではあえて「第3のモデル」を出走させたい。サッカニーと言えば、〈ジャズ〉や〈シャドーオリジナル〉が有名だが、今季注目したいのがこちら。「最近復刻を果たしたということもあり、今後のカラー展開に期待です」(国井)

 

次のページ まだまだ出走スニーカーは続きます!