現代女性の心を惹き付けてやまない「細いからだ」。

つまり「瘦せること」。

また「瘦せることがすべて」という生き方をする女性は、日本はもちろん世界でも実は多く存在しています。

そんな女性たちを「瘦せ姫」と呼ばせてもらっています。

なぜ女性はそこまでして「細さ」にこだわるのか?

「激瘦せ」ということばがいまはもう一般化していますが、いったい日本ではいつから「激瘦せ」が身近なことばになったのか?

そのエポックメイキングになった芸能人がいます。

いまや大女優として活躍する宮沢りえ。

 
 
 

実は、彼女にとって契機になる出来事が1990年代にありました。

いま話題の書『瘦せ姫 生きづらさの果てに』の著者・エフ=宝泉薫氏が、日本芸能界における「激瘦せ史のカリスマ」について語ります。

 
 

激瘦せ史の分岐点

 宮沢りえ以前・以後。

 日本における瘦せ姫の歴史については、そういう区分も可能でしょう。1995年に起きた、トップアイドルの「激瘦せ」騒動。メディアはそれを摂食障害によるものと診断し、世間も同調したことで大きな関心事となりました。

 そんなりえの「変化」をテレビで最初に指摘したのは、タモリ。芸能界きっての容姿フェチであるこの人は4月10日『笑っていいとも!』のゲストに来た彼女を見るなり、驚きの声をあげます。

「また一段と細くなりましたねぇ」

 この日のりえの衣裳は、身体にフィットした薄手の長袖ニットに、ミニ丈の半袖ワンピース。当時の雑誌記事(註1)には「誰の目にも10キロはやせてしまったように映った」「40キロもないはず」との見方が示されています。ちなみに、身長は168センチなので、なかなかの細さです。ただ、見出しには「〝激やせ〟りえの意外な明るさ」というフレーズも付けられていました。当時の彼女は「ダイエッターズ・ハイ」のような状態だったのかもしれません。

『バート』(1996年4月22日号)より。 ゴルフイベントから約半年後、りえは滞 在先のロスで取材に応じた。話題は、桜 やヨーグルト、不安への対処法など。

 

 そして、半年後——。彼女はさらに、メディアと世間を驚かせます。10月3日に行なわれたゴルフイベントに、もっと瘦せた姿で登場。スラックスのなかで泳ぐ脚の頼りなさはもとより、何より衝撃的だったのは、途中で羽織っていたものを脱いだ際、半袖のシャツからむきだしになった腕の細さでした。肉が削げ落ち、肘の骨が飛び出すという、本格的な瘦せ姫のそれに変わっていたのです。

次のページ なぜ国民的アイドルりえは当時激瘦せしてしまったのか?