「瘦せることがすべて」。

そんな生き方をする女性たちがいます。

いわゆる摂食障害により、医学的に見て瘦せすぎている女性のことですが、そんな彼女たちを「瘦せ姫」と呼ばせてもらっています。

彼女たちのなかには摂食障害によってもたらされる異能というものが深く関わっている事実を、私たちは目にすることがあります。。

たとえば、テレビ番組の「大食い選手権」。

そこで登場する出演者たちのなかに、見た目は非常に瘦せているのに、底なしの胃袋をもっているような大食いの女性を見つけることができます。

あんなに瘦せているのに……それはいったいなぜなのか?

いま静かなブームとなっている話題の書『瘦せ姫 生きづらさの果てに』の著者・エフ=宝泉薫氏が、瘦せ姫フードファイターの謎を紐解きます——。

 

 

フードファイターの謎

 瘦せ姫が示す生き方の多様性。そこには、摂食障害によってもたらされる異能というものが深く関わっています。

 制限型の拒食においては、空腹に耐える我慢強さ、排出型においては、常人をはるかに超える胃袋の大きさ、さらには瘦身や食事への執着から、栄養士ばりにカロリーの知識が身についたり、料理がプロ並みに上達したりもします。

 そんな異能を考えるうえで、注目されやすいのがフードファイターと呼ばれる人々の存在でしょう。テレビの大食い番組などを中心に活躍する、この手の人々のなかには男女を問わず、瘦せ体型の人が多く、あれだけ食べてなぜ太らないのだろう、という疑問を抱かせたりします。

 たとえば、今から二十数年前『TVチャンピオン』の第2回大食い選手権に、165センチ36キロの20代女性が出場しました。ぶっちぎりの優勝目前で喉にそばを詰まらせるアクシデントにより、リタイアとなったものの、女性誌が「瘦せの大食い」ぶりに注目して記事にしたりしたものです。

 しかし、当時交流のあった身長151センチで最低体重20キロの瘦せ姫は、同世代の彼女について、こう言いました。

「あの子、絶対にあとで吐いてますよ。吐いていいなら、私だってあれくらい食べられるもん」

 この、フードファイターと過食嘔吐を結びつける見方は珍しいものではありません。大食い番組がブームになった頃から現在にいたるまで、そういった見方は根強く存在しています。

次のページ 過食嘔吐をカミングアウトした元フードファイターとは