「瘦せることがすべて」。そんな生き方をする女性たちがいます。

 いわゆる摂食障害により、医学的に見て瘦せすぎている女性のことですが、そんな彼女たちを「瘦せ姫」と呼ばせてもらっています。

 彼女たちはある意味、病人であって病人ではないのかもしれません。

 というのも、人によってはその状態に満足していたりしますし、あるいは、かつてそうだったことに郷愁を抱く女性や、むしろこれからそうなりたいと願う女性もいるからです。

 瘦せ姫たちの憧れの対象でもある人気のスレンダー女優といえば、桐谷美玲、戸田恵梨香。いま映画やドラマで活躍し、人気が非常に高い。またこれまでにも、宝生舞、ともさかりえ、榎本加奈子などのスレンダー女優が活躍しメディアを騒がせてきました。

 話題の書『瘦せ姫 生きづらさの果てに』の著者・エフ=宝泉薫氏が、「瘦せ姫」の美は2・5次元に向かうと語っています。

 これまでスレンダー女優として最高のハマり役だったのはいったい誰だったのか?

 
 
 

美は2・5次元へと向かう

 人類という種の営みを自在に操ろうとする試み。それが本格化してきたのは、ここ半世紀です。1978年には世界初の試験管ベビーが誕生し、体外受精による出産例はいまや6万にも達したといわれています。

 しかし、そのはるか前から、人類はほかの生物の「種の営み」に手を加えてきました。手を加え、というより、いじくり回してきたといったほうがよいかもしれません。家畜だったり、観葉植物だったり、その例は枚挙に暇(いとま)がありません。

 最近だと、F1品種と呼ばれるものが市場を席巻しています。人工交配によって作られる、人間にとっては何かと好都合な、しかし、ほぼ一代しか続かない動植物です。以前、息子が小学校低学年の頃、理科の教材用に種をもらったミニひまわりもそれでした。

 このいわば「種なしひまわり」が子供の教育に用いられることへの違和感をブログに書いたところ、こんな皮肉めいたコメントをくれた人がいます。

「恐ろしいというか、いっそすがすがしいというか」

 そう、自分たちの利益になることなら、そこまで割り切ることができるのも人間の本質なのです。

 そんな人類がついに自らの「種の営み」にも積極的に手を加え始めたわけです。その試みは今後、行きつ戻りつしながらも、便利で清潔で無痛なものを目指し、性行為や出産、さらには体型なども変化させていくことでしょう。

 そこでカギとなるのが「美意識」です。特に体型については、何を美ととらえるかがストレートに反映されていくことになります。

次のページ 現代先進国で「瘦せ」がもてはやされるのは、太ることよりもそれが難しいから……