「瘦せることがすべて」。そんな生き方をする女性たちがいます。

 いわゆる摂食障害により、医学的に見て瘦せすぎている女性のことですが、そんな彼女たちを「瘦せ姫」と呼ばせてもらっています。

 彼女たちはある意味、病人であって病人ではないのかもしれません。

 というのも、人によってはその状態に満足していたりしますし、あるいは、かつてそうだったことに郷愁を抱く女性や、むしろこれからそうなりたいと願う女性もいるからです。

 そんな彼女たちに憧れのスレンダー芸能人のツートップは、桐谷美玲と河北麻友子。

「なぜ彼女たちは食べても食べても太らないのか?」

 いま話題の書『瘦せ姫 生きづらさの果てに』の著者・エフ=宝泉薫氏が「スレンダー芸能人がスレンダーで居続ける理由」を語ります。

世界で最も美しい顔100人に4年連続ランクイン(最高は2014年の8位)の桐谷美玲。「美しい体型」なら何位に入るのだろう。
 
 
 

 

スレンダー芸能人はなぜ太らないのか?

 人間にとって、個性を認め合うことほど難しいものはなさそうです。自分がよしとする基準からのちょっとした「ズレ」すら許せないことがままあり、そこに異を唱えたくなることが珍しくないのですから。

 たとえば、スレンダー芸能人の存在です。摂食障害を思わせる瘦せ方でなくても、細い芸能人はいて、憧れの対象になったりします。が、その一方で、ダメ出しをされることも少なくありません。

 その理由は「不健康だ」とか「見るに耐えない」とか、主観的な好みによるところが大なのですが、なかには「こういう人がいるから、摂食障害が増える」という、社会派的な見地からの物言いも。実際、細い芸能人、あるいはモデルに憧れてダイエットをし、行きすぎてしまう人はいます。ただ、それは芸能人やモデルのせいではないでしょう。

 そんなスレンダー芸能人のなかでも、ここ数年、ツートップのようなかたちで高い人気を集め、同時にダメ出しもされやすくなっているのが、桐谷美玲と河北麻友子です。まずは、ふたりの体型について具体的に見てみることにします。

 桐谷には2009年に出た『美玲さんの生活。』(註1)にわりと詳細なデータが存在し、それはこういうものです。

 身長164センチ。B78W54H80。首周り26・5、肩幅35、二の腕17・4、太もも36、ふくらはぎ28、足首19。

 なお、体重は39キロだといわれています。

次のページ スレンダー芸能人に憧れるのも、さらにそこで病むことになったとしても……