『世界ふしぎ発見!』ミステリーハンター29年目の竹内海南江、51歳。

あっというまの日々を綴りながら、エネルギー溢れるエッセイが発売!

画像をクリックすると、Amazonに飛びます

 放送開始から30年も経ち、誰もが一度は見たことのある『世界ふしぎ発見!』。その中でもひときわ目立った存在、そして憧れを抱いたことがある存在といえば、彼女――そう、竹内海南江氏ではないでしょうか。

 すでにミステリハンター歴29年目、そして51歳。
 同年代の女性のように、ホットフラッシュや自律神経の乱れなどに悩まされながらも、それでも未だに一年の大半を海外で過ごし、ゲテモノと言われるものを食べ、極寒から極暑地域まで体当たりで現場をリポートし、常に地球のふしぎを追っています。

 番組では決して明かされることのない彼女の信念、これまでのさまざまな経験から培ってきた人生を、旅を楽しむヒント、「目指すは、100歳現役リポーター!」と豪語する彼女の生きるエネルギーをぜひ本書「あっというまに」で味わってください!

≪目次≫
第1章 もう51歳、まだ51歳

第2章 すべては知ることから

第3章 旅は準備で決まる

第4章 世界で一番怖いもの

第5章 とあるロケにおける、極めて個人的な記録