抜け目ない小泉進次郎の“雑巾がけ”とは?

 

 まあ小泉進次郎は将来首相の座につくんでしょうね、間違いなく。

 オヤジ譲りのワンフレーズ・ポリティクスだけど、弁がたつし、そもそも政治家って「嫉妬」を受ける商売だから、いざなろうと思ったって人気があったところで頂点には簡単になれない。足の引っ張り合いだから。

 じゃあその準備のために何をすればいいかと言うと、いわゆる党のなかで「雑巾がけ」をするんですよねー、党務とかを。で、その「雑巾がけ」を、もう何年もずっとやっているんですよ、進次郎って。

 今だって、大臣になって入閣したり、たとえ負けても総裁選に立候補したってイイだろうと思うんですけど、それを自ら断っているんです。それで地方の選挙の応援演説だったり、とにかく末端を回っている。

 そうすると、どんどん党内にも進次郎の義理を受ける人もできるし、進次郎シンパというものが出てくる。将来、政権・天下をとるためにやるべきことを、一歩一歩やっている人だなあと思います。

 もう、そこを長期計画で狙ってやっているところもあると思いますよねー。別に進次郎のことは直接的な安倍さんの次の後継者だと考えているわけじゃないですよ。客観的に見て、将来的に見て、そういう「器」のある人だなーということです。

次のページ 石原伸晃? どれだけ人望がなくて、どれだけ言葉が軽いか!