社畜にも二種類の人間がいる

 

「NEW GAME!」というTVアニメが7月から放送されると、ネット上では「社畜アニメ」だという感想が溢れかえった。しかし、そもそも「社畜」とは何なのだろか。「NEW GAME!」は、そういったことについて考えさせられるアニメでもあった。

 ゲーム制作会社の新入社員である主人公涼風青葉が初出社早々に目にしたのは、会社で寝泊まりする上司(デスクの上には大量のエナジードリンクの空き缶が置かれている)の姿。初出社の日は朝8時台の通勤ラッシュにもまれながら出勤していたのに、初仕事を終えて退勤する時、時計には「21:00」という数字が表示されている。出社初日からこの様子では、先々の激務と長時間労働は避けられそうにない。

 その後も、休日出勤や終電間際までの勤務、終電後の泊まり込みでの勤務の様子などがふんだんに描かれている。青葉は、就職した「株式会社イーグルジャンプ」というブラック企業で過労死してしまうのではないかと危惧されるほどだ。

 しかも、時給制のバイトに土日出勤や残業で働かれると、正社員である青葉の給料がバイトより安くなるかもしれないと言われるほどの薄給である。

 とはいえ、制作していたゲームが完成して発売を迎える最終回まで、時折疲れた様子を見せはするものの、登場人物たちはみんな生き生きと仕事をしていた。

 原作者の得能正太郎は、原作コミックス第一巻のあとがきで「作者が昔ゲーム会社に3年勤務していたことにもとづいて出来た作品」であることと、「ほのぼの社畜漫画を描くつもりだったんですがどうにも青葉達は仲がいいせいか辛い雰囲気にはなりませんでした」というコメントを述べている。

 実際に、早朝から深夜まで働き、時に休日出勤もする青葉は、世間的にみれば十分に「社畜」なのかもしれない。だが、「社畜」といっても一様ではない。いやいやながら会社に拘束されて私生活が犠牲にされてしまうような、一般的にイメージされる「社畜」もいれば、自主的に早出、残業、休日出勤をして会社に貢献しようとする「社畜」もいる。どちらかといえば、青葉たちは、後者の「社畜」なのではないだろうか。

 青葉は、幼い頃から、就職した会社「イーグルジャンプ」制作のゲーム「FAIRIES STORY」シリーズのファンであり、後に上司となるキャラクターデザインの八神コウにずっと憧れを抱いていた。そして、就職して実際に「FAIRIES STORY」の新作の制作に携わることになり、憧れの存在である八神コウの下で働くことになる。

 青葉からしてみれば、どんなに労働時間が長くても、夢が叶って憧れの仕事につけているのだから、充実した日々を過ごせているように感じられることだろう。しかも、同じ部署の先輩たちも優しく接してくれて社内の人間関係も良好なようなので、仕事が辛いどころか楽しく感じられるはずだ。

次のページ 「自由」があれば社畜とは呼べない