「感覚」を有効に使えるかどうかが、結果を大きく左右する!

 ゴルフは“感覚のゲーム”です。試合でスコアをまとめたいとき、私はテークバックはこう引くとか、トップの形がどうとかといったマニュアル的なことは一切考えません。考えるとすれば、どう打ったらボールを目標に運べるか? それにはどうするか?  なにに気をつければいいか? といったことだけ。それもすべて感覚で判断します。
 こういった性格がもっとも色濃く出るのがショートゲーム。距離感にはじまり、打球のイメージづくりも、パッティングのライン読みも、感覚に頼る部分が多くなります。

 


 感覚と言うと、なにやらつかみどころのないもののように思われるかもしれません。確かに「感覚とはなんぞや?」と聞かれたら「1+1=2」という具合に明快な答えは出ません。でも、誰もが備えているもの。ゴルフではそれが最大の武器になります。とりわけショートゲームでは、「感覚を有効に使えるかどうか」が結果を大きく左右するのです。
 もちろん、結果を出せるまでに感覚を高めるには、ある程度の経験が必要です。でも、いま以上に働かせるようにすることで、その時間は短縮できると思います。