いま旬のキーワードのひとつ、「0号室」。この記事を読んでいるあなたはおそらく知らないでしょう。しかし、2016年のティーンの間では大注目のキーワードなのです。
 Twitterはいまや中高生の生活に欠かせないSNSのひとつ。複数アカウントをもつのが当たり前、中にはカップルでアカウントをもつ、なんてこともめずらしくありません。そんな若者の間で連日話題になっている「0号室」とはいったいなんのことでしょう。

◇そもそも0号室ってなに?

 「0号室」とは、Twitterのアカウント(@0__room)のこと。「ゼロごうしつ」と読みます。恋愛にまつわるツイート1週間に5回程度、不定期で更新されます。大切な恋人への愛をささやくもの、片想いの淡くせつない恋心を表現したもの、うまくいかない現実に向き合って自分を奮い立たせているものなど、さまざまなシチュエーションでの誌的な言葉が満載。短くてシンプルな言葉には、思わずはっとさせられたり、ドキッとするメッセージが込められています。

「やっぱり無理
 やっぱり好き
 その繰り返し」

「いろいろあったけど、
それでも隣にいてくれる存在ほど大切にね
その存在は当たり前じゃないからね」

「好きな人が、この世界で一番かっこいい」

 ストレートで嫌味のない愛情表現をしたこれらの言葉が、女子中学生、女子高生を中心に共感を呼び、フォロワー数は17万人を超えるほどです。しかも驚くべきは、「0号室」は男性だということ。プロフィールには、「妻大好き症候群の夫が呟いてます(好き過ぎて重症)」と記されています。女性の恋心を熟知した男性、ということもあって「0号室」に恋愛相談のコメントを書き込むフォロワーも少なくありません。

◇記念日や誕生日の「#0号室」ツイートが大ブーム

お気に入りの写真を加工し、「#0号室」とハッシュタグをつけて投稿するユーザーも多数。写真は、文字加工アプリ「Phonto」を使用し編集部で作成したもの。

 また注目すべきムーブメントとして、記念日や誕生日のメッセージポエムになっていることも見逃せません。カップルが自分たちの画像や動画に「0号室」の言葉を添えて加工し、祝福メッセージとして投稿しています。「#0号室」で検索すると、幸せそうなカップルの画像がたくさん見られるはずです。また恋人同士だけでなく、友達同士でも投稿されているようです。
 スマホがあって当然の現代っ子だからこそできる、イマドキの愛情表現ツールと言えるでしょう。
 興行収入150億円突破、社会現象にもなっている映画『君の名は。』の世界観とピッタリ! とファンの間では話題に。0号室の言葉と『君の名は。』のワンシーンを組み合わせた画像もTwitterで連日のように投稿されています。 
 さらに、10月26日(水)、初めての著書『勇気は、一瞬 後悔は、一生』(KKベストセラーズ刊)の発売も予定されています。
ティーンの間でいま大注目の「0号室」、知っておいてソンはありません!