特に健康に気をつかっているわけではないのに、元気で長生きしている人はどこか違うのか? それは日々の基本的な生活習慣にあった。多くの患者を見る町医者であり、ベストセラー本の著者である長尾和宏先生が、90代を元気で過ごす人から得た、超基本の生活習慣とは。

■相談だけで、医者にかかってもいい

 

ここで言う「かかりつけ医」とは、「気軽に相談ができる医者」という意味です。

 たとえば健康診断を受けて「精密検査を受けなさい」と言われたとき、気になる症状があるときなどに、気軽に相談できる医者を複数持っておくと安心です。なぜ「複数」なのかと言えば、病院の勤務医でも私のような町医者でも、専門があり、得意不得意があるから。

 私のクリニックにも相談だけで外来に来る方がたくさんいます。

 ちなみに、相談のためだけで医者にかかる場合、費用はいくらくらいだと思いますか? 同じ国家資格の弁護士さんにちょっと相談したいと思ったら、5千円から1万円くらいでしょうか。占い師さんに手相を診てもらうにも、3千円くらいはかかります。

 では医者はと言えば、846円です。

 安いと思いませんか? いま、クイックマッサージで10分間肩や背中を揉んでもらっても1000円かかります。

 なぜ安いのかと言えば、気になる症状があれば、相談だけでも健康保険がきくからです。

 相談のみで医者にかかるということは、かかる費用は初診料のみ。初診料は現在282点(2820円)なので、その3割または2割、1割が患者さんの自己負担分になります。先ほどの「846円」は3割負担の場合です。75 歳以上の人は基本的には1割負担なので、たったの282円で医者に相談できるということ。

 相談と言えばセカンドオピニオンを連想する人もいるでしょう。

 セカンドオピニオン外来の場合、30分1万円くらいかかります。30分3万2千円というセカンドオピニオン外来もあります。紹介状と資料一式を用意する必要があります。セカンドオピニオンはなぜ高いのかと言えば、本音を言うと、やりたくないから。

 です。自分の患者さんではないのに、忙しいなかわざわざ時間を作って相談に乗らなければいけない。だから高く設定してあるのです。

 というわけでセカンドオピニオン外来と銘打ったところに予約を取っていけば、それなりの費用がかかります。でも、資料を必要としない簡単な相談だけなら、初診で医者にかかれば、初診料のみです。

 本当に相談だけで医者にかかっていいの? そう心配する人もいるかもしれません。安心してください。断られることはありません。なぜなら、医者には応
召義務があるから。「相談だけで検査も薬も要らないんじゃ、うちは儲からないじゃないか! 帰ってくれ」なんて言って医者が患者さんを追い返したら、応召義務違反になります。

 相談だけで医者にかかってもいいということ、ぜひ覚えておいてください。そして、気になること、困ったことがあったら、「放っておいてもいいのか」「専門的な検査を受けたほうがいいのか」、まずは相談してください。そのために、気の合う、そして養生法のアドバイスをしてくれる「かかりつけ医」を複数持っておくことをおすすめします。