日本の美点を振り返ろう!!  そんなコンセプトで世界から絶賛されている、知っている様で知らない、日本の食・技術・カルチャー・経済を紹介する『世界が絶賛する日本 われわれが知らない進化する真価』(Japan's best編集部:編)絶賛発売中。今回は本書の中でも世界を変える日本の技術を紹介します。!

小さな大発明は東京の町工場から生まれた

 

 糖尿病患者は世界で4億2200万人にものぼり、今後20年間で1・5倍にまで増加すると予測されています。

患者の多くは、治療のために毎日インスリン注射を欠かすことができず、日々、注射の辛い痛みに耐えなければなりません。

 この治療に劇的な変化をもたらしたのが、痛くない注射針「ナノパス33」でした。

   この画期的な注射針を開発したのは、東京の町工場「岡野工業」。
   金型製造とプレス加工を専門とする、従業員数人の小規模な町工場です。
   じつは、従来のインスリン注射用の注射針は、細いパイプ状の金属を引き延ばしてつくります。
   そのため、直径0・4ミリほどまでしか細くできませんでした。そして注射の痛みのひとつの原因は、この針の太さにありました。

 そこで社長の岡野氏は、1枚の金属を丸めて針状にするという超技術で、それまでの太さの半分、直径が0・2ミリという極細の注射針を開発したのです。
   さらにこの針には、もうひとつ革新的な仕掛けがありました。
    根本から先端にいくほど細くなる「テーパー形状」の実現です。
   この形状により、薬液が針の中を通る際の抵抗がぐっと減り、薬液を無理に流し込まないため痛くなりにくくなったのです。

 こうした痛みの軽減は、患者のクオリティオブライフ(患者の生活を向上させてストレスのない生活を取り戻そう、という考え方) が重視される昨今の医療界で、とてつもなく大きなトピックでした。
   そして、2005年に発売されたナノパス33は、即人気商品となり、生産累計は何と5億本以上を記録。
   多くの糖尿病患者を痛みから解放したのです。
   なお、2012年には、針先を直径0・18ミリにまで細くした「ナノパスニードルⅡ」が発売されています。

  より細くなったのですから、こちらももちろん大好評で、国内のほかドイツ、イタリア、中国など世界中に輸出されています。

世界が絶賛する日本 われわれが知らない進化する真価』より