■「日本代表」の選手が難しい理由

 

 最近、日本代表のメンバー選考について、たくさんの意見を目にします。
 ヨーロッパでプレーする選手が増えるにつれ、いつからか海外組と国内組という区分がされるようになり、リーグの違いから一概にそれぞれの結果を比べることが難しくなり、それをどう捉えるかによって様々な議論がされるようになりました。サッカーの場合、評価の仕方は人それぞれなので尚更、そうした議論は尽きない状況になってしまいます。
 ただ、これは今に始まったことではなく、サッカーがサッカーであり、ワールドカップが4年に一度である限り、いつまでも起こることだと思います。

 日本代表監督に就任すれば誰もがまずは色んな選手を手元において見てみたいと願い、たくさんの選手を召集します。その間、選手はだれもがチャンスだと思い、アピールに躍起になります。
 お試し期間を過ぎると、今度はチームを固めていく期間に入ります。これは大体、今の日本代表のように、ワールドカップの最終予選を戦う時期にあたります。この時期に新たに加わってきた選手を試すことよりも、それまで作ってきたチームで戦う方がリスクが少ないと考えるのは当然でしょう。

 日本代表で難しいのはそのチームを固めるに至るまでの期間が1年あるいは2年と長いことだと思います。もう一度、チームを壊して作り直すのは最終予選が終わってからにせざるを得ず、その間に旬を迎えた選手をどうチームに組み込んでいくかはとても難しい問題だと思います。

次のページ はじめて「日本代表候補」になったときの喜びとその後の失望