自由を謳歌していた学生時代から、社会に巣立ち早数年…。職場の人間関係からパワハラ・セクハラ問題など、社会人ならではの悩みにぶつかることもあるのでは?今回はビジネスマン人材育成の専門家集団・FeelWorks代表の前川孝雄さんが、そんな“あるある”お悩み解決マニュアルを伝授。即効く5つの処方箋をお出ししよう。

 

 

お悩み6

Q 「自分の仕事振りにいつになっても自信が持てません」

A 比べるなら過去の自分。ゴールはまだ先と思え!

 

「後輩も入社してきたのに、自分は成長しているように感じない…」なんて悩む時期もあるでしょうが、真面目な人ほどこうなりがち。ビジネスは競争だから、他人と比較するのはもちろん大事。ですが周囲と比べてしまうと、自分自身を卑下してしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。そんな人には、去年と今年の自分を比較し、仕事に関して出来るようになったことを確認するというのが有効な手段。少しずつでも自分自身を認めてあげれば自信も生まれてきます。

 

「自分は仕事ができない」なんてコンプレックスも、長い目で見れば、その悔しさをバネにして成長するためのチカラになるし、キャリアはマラソンのように長期戦。1年2年の差なんて微々たるものだし、ウサギとカメの童話じゃありませんが、そうやってコツコツと積んだキャリアが、この先のゴールへ導くと信じて、自分のペースで走れば良いと思います。