織田信長、真田幸村、井伊直弼、坂本龍馬―――。日本史上、暗殺や討死によって最期を遂げた有名な人物は数多く存在する。では、その実行犯となったのは、どういった人物だったのだろうか!?これは、一般的にはマイナーな『日本史の実行犯』たちの物語!
 

 

岐阜城(稲葉山城)から見た長良川

下剋上によって美濃一国を手に入れた戦国の梟雄・斎藤道三(さいとう・どうさん)。「美濃の蝮(まむし)」の異名を取る道三は、実の息子に攻められ最期を迎えました。その際、道三を討ち取った者こそ「小牧源太(こまき・げんた)」という無名の荒武者だったと言われているのです。

源太の生年はわかっていませんが、生まれは尾張国小牧(愛知県小牧市)だそうです。幼少の頃から道三の側近くに仕えたと言われています。側近くに仕えたということは、道三の小姓や馬廻として仕え、斎藤家の将来を託される優秀な若者の一人だったと考えられます。

主君の道三の下で出世を期待された源太ですが、間もなくして道三の下を離れてしまいました。これは道三のやり方を選ばない振舞いに原因があったと言われています。道三は美濃国(岐阜県)を手に入れるために主君を暗殺し、国主の土岐頼芸(とき・よりのり)を追放するなど、非道な所業を重ねていました。源太はこういった振舞いに嫌気が差したのかもしれません。

源太が新たに仕えたのは斎藤義龍、道三の長男です。実は義龍は道三の実子ではなく、かつての主の頼芸の落胤と言われていました。そのため道三は、義龍に家督を譲るのを良しとせず、実子である孫四郎(次男)や喜平次(三男)を溺愛し、家督を譲ろうと工作しました。これに異を唱えた義龍は、弟の孫四郎と喜平次を暗殺し、父の道三との対決姿勢を顕わにしました。

そして、時は弘治2年(1556年)4月20日―――。

義龍は稲葉山城から1万7500とも言われる大軍を率いて、鷺山城から出陣して長良川に対峙する道三の2700余の軍勢に襲い掛かりました。いわゆる「長良川の戦い」です。

(かつて御恩を被った大殿を、他の者に討たせてたまるか!)

源太はこの時、自らを見出してくれた道三への恩義を感じながらも、義龍の軍勢に加わっていました。

道三は寡兵ながら、義龍方の先方であった竹腰道鎮を討ち取り、一騎打ちを挑んできた長屋甚右衛門(義龍方)も柴田角内(道三方)が討ち取るなど、緒戦を優位に進めました。

「さすがは大殿じゃ…」

父と子の二代で、一介の油商人から美濃国主までのし上がった道三の戦法はやはり見事でした。

しかし、さすがに多勢に無勢―――。

道三方は徐々に崩れ始め、その多くが討ち死にし、道三の周りにはわずかな近習を残すのみとなりました。

「城田寺(きだいじ)へ逃れ、そこで腹を切る」

近習たちにそう告げると、道三は鷺山城の北にある城田寺へ落ち延びようとしました。

ところが、そこへ義龍方の武士数名が道三を必死に追いかけてきました。

「生け捕りにして義龍様の御前に引き立てるのだ!」

長井忠左衛門(義龍の家臣)が生け捕りにするために、道三に襲い掛かり組み敷きました。

「下郎め!」

道三は必死に抗いますが、齢六十三になる老人の力ではどうしようも出来ません。

忠左衛門が道三に縄をかけようとした、その時でした―――。

「どけ!」

その場に駆け付けた源太が、忠左衛門と道三を斬り付けました。その一刀は忠左衛門をかすめ、道三の脛を薙ぎました。

「何をする小牧殿!」

驚いたのは忠左衛門でした。自分が生け捕りにしようとしていたにも関わらず、道三もろとも斬られそうになったためです。思わず組み敷いていた道三から離れてしまっています。

「大殿はわしが討ち取る!」

脛を斬られた道三は、満身創痍ながら何とか顔を上げ、眼前の荒武者と目を合わせました。

「おう、源太か。生け捕りにされて引き立てられるなど御免じゃ。頼む」

源太は無言で深く頷き、刀を上段に構えました。

「大殿、お世話になり申した」

刀が振り下ろされ、道三の首が胴から離れました。国盗りを成し遂げた戦国の梟雄の最期でした。

道三の首は義龍の下へ運ばれた後、長良川に晒されました。普通であれば、そのまま晒されるのですが、なぜか道三の首はすぐに長良川から姿を消しました。

(大殿の斯様な姿など、見たくはない!)

道三の無残な姿に心を痛めた源太は、実は密かに長良川から首を運びだし、土中に埋めて葬っていたのです。

源太が道三の首を埋めたと言われる場所は長良川の洪水によって流されてしまいましたが、江戸時代後期に別の場所に移され、現在も「斎藤塚」として岐阜市の道三町に残されています。

 

長谷川ヨシテル プロフィール

1986年埼玉県熊谷市生まれ。埼玉県立熊谷高校から立教大学へ進学後、硬式野球部にも在籍。さらにバイオリン演奏やポケモンも得意など多彩な“歴史タレント”。自称、芸能界で一番戦国時代が好きな「れきしクン」。