日本の美点を振り返ろう!!そんなコンセプトで世界から絶賛されている、知っている様で知らない、日本の食・技術・カルチャー・経済を紹介する『世界が絶賛する日本 われわれが知らない進化する真価』(Japan's best編集部:編)絶賛発売中。今回は本書の中でも世界を変える日本の技術を紹介します。!

2016年12月には「こうのとり」6号機の打ちあげ予定

 現在、国際宇宙ステーション(ISS)への物資輸送は、日本、アメリカ、ロシアの3カ国が担っています。
   そのうち「こうのとり(HTV)」は、ISSに補給物資を運ぶ日本の無人宇宙輸送船で、約6トンという世界最大の補給能力をもっています。

 6人の宇宙飛行士が滞在するISSに、物資輸送にかかわる大きな危機が訪れたのは、2014~2015年のことでした。
 2014年10月、アメリカの民間の輸送船「シグナス」を載せたアンタレスロケットが打ち上げ直後に爆発。
   2015年4月には、ロシアの宇宙輸送船「プログレス」が、打ち上げ後、制御不能に陥って大気圏に落下。

 さらに、同年6月には、アメリカの民間の輸送船「ドラゴン」を載せたファルコン9ロケットが、打ち上げ2分後に爆発してしまったのです。

 そのため、ISSの水再生システムの交換用フィルターが底をついたのをはじめとして、さまざまな生活用品などの消耗品も不足するようになりました。

 2015年8月19日、種子島宇宙センターからH ─ⅡBロケットによって打ち上げられた「こうのとり」5号機は、予定通りISSに到着。

2013年8月9日、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングする、こうのとり4号機(HTV -4)。ISS から撮影。(C)NASA/JAXA

 そしてISSに搭乗していた油井亀美也宇宙飛行士が、ロボットアームで「こうのとり」をつかんで補給物資を受け取るという「オールジャパン」の成功を果たしたのでした。

 これまで「こうのとり」は初号機から5号機まで一度の失敗もなく、定時到着を続けています。

 2016年12月には「こうのとり」6号機の打ち上げも行われ、ますます宇宙開発における日本の重要性が世界から注目されています。

 

 

 

世界が絶賛する日本 われわれが知らない進化する真価』より