自分の子どもをできるだけ賢い子に育ててあげたいと思ったとき、あなたならどうしますか? または、どうしていますか?

勉強、勉強と目くじらを立てるよりも、まずは子どもの個性や能力を伸ばしてあげることが、本当の意味での賢さを身につけてあげることになるーーなんとなく頭ではわかっていても、なかなかその方法論はすぐにはつかめないものなのではないでしょうか。

そんな親御さんたちに対して、「まず住まいの中の環境から見直してみてはどうでしょうか」と提言するのは、『将来賢くなる子は「遊び方」がちがう』(KKベストセラーズ刊)の著者、松永暢史先生。詳しくお話を聞いてみました。


リビングに置くものによって子どもの頭の良さは変わる

 家庭教師歴40年の私は、個人宅に出向いて子どもに勉強を教えてきました。これまで800軒以上の家庭を訪問していますが、勉強ができる子の家庭にはいくつかの共通点があります

イラスト:長尾 映美

 一つはリビングに本棚があること。サイズは大小さまざまではあるものの、日常的に本が目に触れる場所に置かれているのです。壁一面が本棚になり、親の持ち物であろう文学全集から哲学書、学術書、子ども向けの文芸書や図鑑などがズラリと並んでいる家庭もありました。
 身近に本があるため、その家では両親も子どもも暇な時間ができるとすぐに本を読み始めます。珍しい虫や植物を見つけたときにも図鑑を開いて、「これか〜」と一人で納得していたり、ときにはお母さんに「これが公園にいたよ」と教えてくれたりするそうです。
 二つ目は地球儀や地図があること。新聞などで知らない国の名前がでてきたときには、どこにあるのかをすぐに確認する習慣がつきます。「ホンジュラスって中央アメリカにあるのか。首都はテグシガルパ。グアテマラの隣ってことはコーヒーもよく採れるのかな」というように、探究心を広げていけるわけです。
 一方で、置いていないものもあります。それはテレビです。あっても部屋の片隅に追いやられているか、親の寝室に設置されているか。逆に、さして広くないリビングに大画面のテレビがデンと鎮座している家庭の子どもは、大抵、勉強ができません。
 親の学歴は、大学に入り直さない限り、どうすることもできませんが、住まいの中の環境ならいつでも変えられます。すぐに実行して損はないはずです。