「排除されて孤立したくない」「仲間外れにされて職まで失ったら終わりだ」……学校でも会社でも地域コミュニティでも、「排除されたくない」という気持ちで懸命に踏ん張ると、自分自身を追い詰めてしまうことになるかもしれません。逃げられない人、支配されやすい人に見られる5つのタイプとは……?
 

 

逃げられない人には5つのタイプがある

①安定死守型

日々平穏であることを望み、将来が見渡せることに安らぎを見出す。

就職では、公務員や一部上場企業に執着することが多い。終身雇用を前提にした生活設計をしており、安定の対極にある失職を何より怖れる。

家庭でも、家計の安定や子どもの将来を最優先に考え、そのためには、多少理不尽なことや不満があっても、我慢するという行動を取りがち。

②トラブル回避型

安定死守型と同じように平穏こそが一番というタイプだが、収入や身分の安定を求めるより、争うことを嫌う傾向が強い。

職場では、率先して意見を言ったり、先んじて何かしたりすることはなく、同僚など仲間が窮地に陥った際には、トラブルに巻き込まれないように息を潜める。

③承認渇望型

周りの人に認めてもらうことで安心するのがこのタイプ。

上司から無理難題を押しつけられても、同僚に込み入った頼みごとをされても、何とか応えようとする傾向がある。傍目には、真面目でいい人のように映るが、実は、認められるためにはいかなる犠牲も払うという打算が働いている。

④完璧主義型

何ごとも完璧にこなさなければならないと思い込んでいるタイプ。物の見方がオール・オア・ナッシング(すべてか無か)になりがちで、仕事においてもプライベートにおいても、100点満点の結果ばかりを求める。

また転職、異動願、離婚などは、経歴に傷をつけるものであり、みずからの敗北であると捉え、あまり選ぼうとしない。

⑤権威主義型

権威に寄りかかることで自分の価値を高めようとするタイプ。腰巾着とも呼ばれる。

だが、必ずしも権威や権勢のある人に寄りかかるだけでなく、イメージのいい企業に所属することに喜びを覚える人もこれに含まれる。

権威ある人が言うことは絶対であり、むしろ進んで追従する。

 

その気持ちの根底には自己愛がある

やや皮肉な表現を用いたが、こうした志向は誰の心の中にもある。そして、ひとりの人がピタリとひとつのタイプに当てはまるというよりは、複数のタイプが混在していることのほうが多い。

例えば、安定死守型の人ほど、トラブル回避型の傾向も強い。トラブルは安定を脅かすものだからだ。また、周りの人に認めてもらいたい承認渇望型は、何でもきちんとこなそうとする完璧主義型の顔も持つ。完璧主義で権威主義の人もいる。

実は、これら5つのタイプに共通するものがある。それは、自己愛が根底にあるということだ。自己防衛本能と言い換えてもいいかもしれない。

自己愛ゆえに他者からの承認を欲するし、自分を守るためにこそ、ときには理不尽な命令にも従うのだ。権威のある人の近くにいることで、自己愛が満たされる場合もある。

自己愛は誰の中にもあるものだし、それ自体は否定すべきものではない。ただ過剰な自己愛はときとして、自分を追い詰める。その結果、逃げられなくなってしまうこともあるのである。

 

<『他人の支配から逃げられない人』より抜粋>