ハロウィーン・イベントで大盛り上がりの東京ディズニーリゾート。フル仮装が楽しめるこの週末、ディズニーシーに出かける方も多いのではないでしょうか? アトラクションに乗って、ショーを観て、軽食を食べて…そんないつもの楽しみ方もいいですが、少し視点を変えるだけでパークの新たな一面が見えてきます。『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』(みっこ・著/KKベストセラーズ刊)より、ディズニーシーでしか見られない「隠れキャラクター」についてご紹介します。

■海底2万マイルで発見!

 シーでは「隠れミッキー」以外にも、隠れキャラクターが見つかります。潜水艇に乗って海中を進むアトラクション「海底2万マイル」に、「ニモ」と「アリエル」が隠れていることを、ご存じでしょうか。

 

 「ニモ」は、潜水艇の左、右、中央の3箇所にある窓のうち、左側または中央の窓から見つけることができます。
 スタートしてまもなく、ネモ船長が、「志願クルーの諸君、こちらはネモだ。荘厳(そうごん)な海底の世界へようこそ……」と無線で話しかけてきます。この時、ディズニー映画『ファインディング・ニモ』で有名な、カクレクマノミの「ニモ」の姿を見ることができます。大きさは約10センチ程度でしょうか。ちょうどゲストの目線の高さにいるので、見つけやすいです。
 「隠れアリエル」が登場するのはアトラクション中盤。中央または右側の窓からの景色に注目しましょう。潜水艇の調査の目的であり、「船の墓場」と言われる、沈没船がたくさんある場所を通過します。この時、よく見ると沈没船の部品の一部に人魚の姿が描かれているのが確認できるのです。これが「隠れアリエル」と言われています。通りすぎるのはほんの一瞬です。
 しかしながら、この「隠れニモ」と「隠れアリエル」と言われているものは、公式に隠れキャラクターとして認定されているものではありません。
 そもそも「隠れミッキー」も同様で、このような隠れた要素の中でパークが「公式に認めている」ものは実はほとんどないのです。キャストに尋ねると、それがそうだと教えてくれる場合がありますが、「そう見えるだけかもしれない」という部分も含めて、ゲストの想像力にまかせている部分もあるのでしょう。

■一瞬だけ「隠れアリエル」が登場する場所がある!

 マーメイドラグーンは、海の上の世界である「アバブ・ザ・シー」と、海底の世界である「アンダー・ザ・シー」に分かれています。
 後者には「アリエルのプレイグラウンド」というお子さん向けのエリアがあります。いくつかの小部屋に分かれており、すべての部屋に名前がついています。 
 その中のひとつに、「ケーブ・オブ・シャドー(影の洞窟)」という、真っ暗な部屋があります。写真を撮る方もほとんどいない場所ですが、そんなこの部屋に「隠れアリエル」が存在します。
 壁に夜光塗料が塗られており、手や体を当てていると、時折強いフラッシュが光り、壁に映し出された自分の影の形が数秒間残る……という演出がされています。

次のページ 一風変わった隠れミッキーが見られる場所