■「デュエル」と「新しいセオリー」の関係性

 結果的に、この作業が、曲がりなりにもプロサッカー界で13年間、守備の人間として戦うデュエルを身につけることに役立ちました。
 こう言うと、「デュエル」という言葉のイメージとは違う話に感じる方もいらっしゃるかもしれません。多くの方はもっと球際での勝負をデュエルと思われていると思います。

 それは確かにそうです。ただ、サッカーにおけるデュエルとは、まずボールが来る前にスタートしているということを忘れてはいけないのです。

 サッカーでは90分の中で、1人の選手がボールを持つ時間はたったの2分から3分と言われています。そのことから、攻撃の選手には以前から「オフザボール(ボールを持っていない時)」の動きの重要性が盛んに言われていますが、なぜかあまり守備の選手については言われていません。しかし、球際での勝負やフィジカル的な戦いが主と捉えられている守備の選手こそ、ボールがないところでの準備やポジション修正が大切なのです。

 サッカーにおけるデュエルとは、よーいドンで始まるわけではありません。スタートする場所もタイミングも自分で決められます。
 ボールが来る前に適切な"ポールポジション"を取り、適切な判断をすること。それがデュエルの精度を上げる最も大事なことだと思います。

 とは言っても、最終的には球際の勝負にもちろんなります。五分五分のボールをマイボールにできるか、相手からボールを奪うことができるか、奪えなくてもしっかり体を寄せることができるか。そこから逃げていてはサッカーは戦術も技術も何も意味を成しません。

 球際の勝負ではまず、大前提として、「相手に負けない!」「絶対に勝つ!」という気持ちが絶対的に必要です。それをどんな時も持ち続けられることは局面において何より大切です。空中戦においても地上戦においても、この気持ちを持てている時と持てていない時の勝率は遥かに違います。
 ただ、こうした局面で大事な気持ちの強さとは、(言葉で表現するのが難しいですが)外向きの気持ちの強さではなく、内向きの気持ちの強さだと思います。

次のページ 「ガッチガチ」だな、と言われた記憶