Q.DeNA三浦、広島黒田。ベテランの引退をどう感じましたか。

 彼らの引退に関しては、ただ率直に「お疲れさまでした」と敬意を表したいです。
 私は32年間も現役生活を続けさせていただきましたが、結局のところ「引き際」というのは自分にしかわからない部分だと思います。

 ただ、ひとつ言えることがあるとすれば、自分が思い描くパフォーマンスができなくなったことが大きいのではないかと思います。三浦大輔投手は「勝てなくなったから」と潔く引退の理由を述べましたし、黒田博樹投手は「9回を投げ切ることができなくなった」と言いました。私自身「ローテーション投手として投げられなくなった時が引退だ」と思いながら野球を続けてきましたから、それは共通している要素ではないでしょうか。

 みなさんのなかには、彼らの引退に納得がいっていない方もいることでしょう。三浦投手はベテランとして、チームの精神的支柱としてまだまだ続けられるかもしれない。黒田投手だって、シーズンで10勝を挙げ日本ハムとの日本シリーズでも好投した。それでも、ふたりは様々な経験を通じて、彼らなりの考え方を形成してきたわけですから、その決断を受け入れ、温かく見送ってあげることが一番かと思います。事実、ファンのみなさんはそうしてくれましたから、彼らも本当にうれしかったはずです。