2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公、
絶対絶命の一族を救い、彦根藩、
そして江戸幕府を支えたのは直虎の反骨の魂だった

 

 井伊家は遠江国井伊谷(静岡県浜松市引佐町) でおよそ六百年、近江国彦根(滋賀県彦根市) で三百年近い歴史を刻んで明治維新を迎えた。その折れ目に女直虎がいるーー。

 一度は出家したものの、一族のために還俗し、男名を名乗り、女城主として生きた「直虎」。滅亡寸前の一族をどのように救ったのか。また彼女の活躍により、彦根藩主となった直政、最大の譜代大名として江戸幕府を支えた歴代の大老たち、そして桜田門外の辺に倒れた直弼まで、井伊家の知られざる歴史に迫る一冊!

*図版、写真も豊富に掲載!

*井伊直虎は半分以上のページを使って紹介、大河ドラマを観る前に、一生をざっくり学ぶのにも便利です。

【目次】
序章  直弼 先祖の地・井伊谷を歩く
第一章 直虎 滅亡寸前の井伊家を救った女城主
第二章 直政 徳川四天王として活躍、彦根藩主に
第三章 直継・直孝 ふたりの「二代藩主」の数奇な運命
第四章 直興 二度も大老をつとめた元禄の名君
第五章 直弼 開国の元勲? 国賊? 一期一会の大老