「ディズニー・クリスマス」が開催中の東京ディズニーリゾート。アトラクションに乗って、ショーを観て、軽食を食べて…そんないつもの楽しみ方もいいですが、少し視点を変えるだけでパークの新たな一面が見えてきます。ディズニーファンなら誰もが1度は泊まってみたいホテルミラコスタ。その魅力と泊まらずに満喫する方法を、『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』(みっこ・著/KKベストセラーズ刊)よりご紹介します。

■できればやっぱり泊まりたい!

「パークの中にあるホテル」というよりも、「パークの一部」という表現が似合うホテルミラコスタ。

イタリア・ヴェネツィアを思い起こさせるテーマポート「メディテレーニアンハーバー」。憧れの豪華ホテルはこのエリアにあります。

 イタリア語で「海を眺める」という意味の名前を冠したこのホテルは、その名のとおりディズニーシーを一望することができる豪華ホテルです。
 海側の部屋は人気が高く、簡単に予約が取れるものではありませんし、値段もかなり高額。しかし、たとえ海が見えない部屋であってもこのホテルでしか味わえない特別感があるのです。
 パークとホテルを気軽に行き来できる便利さはもちろん、ホテルの部屋に帰った後もシーの雰囲気が味わえるのはミラコスタならではの魅力です。
 さらに、15分前のアーリーエントリー(開園15分前から一部エリアに入園できるディズニーホテル宿泊者の特典)が、シーでは宿泊初日から使えるのも、大きなメリット(ミラコスタ以外のディズニーホテルは宿泊翌日からしか使えない)。
 1泊2日の場合、初日も2日目も15分早くパークに入り、お目当てのアトラクションに乗ったりショーをいい位置で見ることができるのです。
 筆者がおすすめする楽しみ方は、1泊の場合、初日はアーリーエントリーでたっぷり遊び、2日目の朝は部屋でゆっくり過ごす、というもの。早めにパークに入らないのは少しもったいない気もしますが、あえて優雅なホテルで時間をゆっくり過ごすのも最高の贅沢ではないでしょうか。

■ミラコスタ宿泊者だけが味わえる優雅な空間

 パークの景観そのものと言える、豪華なミラコスタ。ハーバー沿いの部屋から、ショー、深夜・早朝のリハーサル風景、誰もいないパークの様子などをじっくり楽しむことができるのは宿泊者ならではの特権です。
 このミラコスタに泊まる機会があればぜひおすすめしたいのが、宿泊者専用の施設「テルメ・ヴェネツィア」
 有料ではありますが(12歳以上で夏期3000円、夏期以外2000円)、施設内には屋内プールやサウナ、温水ジャグジーなどが設置されています。
 最大のポイントは、一度料金を払えば、チェックイン当日〜翌日の営業時間中は何度でも利用できること。嬉しいことに、「チェックイン前」「チェックアウト後」の時間でも利用ができるのです。
 そのため、チェックアウトをして、パークで思いっきり遊んだ後、最後にもう一度ホテルのプールやジャグジーを楽しんだり、シャワーを浴びてから帰宅することができるのです。
 また、有料施設であるためか、いつも比較的空いており、非常に優雅な時間を過ごすことができます。プールサイドにあるバー「ヒッポカンピ」では、ドリンクや軽食を楽しむこともできます。

次のページ 泊まらずに楽しむおすすめショップ&レストラン