投票日前日まで、クリントン優勢の報道にもかかわらず、トランプが勝利。
トランプが大統領候補として台頭していた時点から、暴言のトランプ、失言のトランプ…etc. 日本をはじめアメリカでもマスメディアから連日の様にトランプに対してネガティブの報道がなされていました。 しかしながら、真逆の結果に!なぜアメリカ人はトランプを支持したのか?果たしてマスメディアはアメリカ合衆国の実像を捉えていたのか?
日本にとって、アメリカ大統領が誰になるのかは国益を大きく左右する重要事項。しかし、そもそも日本人はアメリカ合衆国の実像を知っているのでしょうか? 大きな勘違いアメリカ陰謀論などを正しながら、日米史を振り返る、絶賛発売中の『大間違いのアメリカ合衆国』。
中でも半年近く前に執筆した、トランプ現象とは一体どういう現象なのか、気鋭の憲政史家・倉山満の分析を一部抜粋紹介いたします。

アメリカ二つの対日政策!

 アメリカの対日政策で言うと、ウィーク・ジャパン・ポリシー派(日本を弱体化させたままにする政策を推進する派)とストロング・ジャパン・ポリシー派(米国の世界戦略に忠実に貢献する「猟犬」としての日本を望む派)があります。

 その違いは、煎じ詰めればアメリカの対中政策の差です。

 東アジアや太平洋のことは軍事バランスを取りつつ中国と話をつけて行こうという親中派がウィーク・ジャパン・ポリシー派、中国の台頭を本気で抑えようとするのがストロング・ジャパン・ポリシー派です。

 民主党は基本的にウィーク・ジャパン・ポリシーで一貫しています。と言うより、親中・日本無視政策のルック・チャイナとジャパン・パッシングです。

 つまり、民主党の中には「ジャパン」という単語自体が党内の議論で俎上に載るかどうかを疑った方がいい扱いです。

 この民主党の親中・日本無視政策の利益受益者となった最大の人が竹下登です。クリントン自身が親中で日本など見ていないから、竹下の親中政策は何の問題にもならなかったわけです。

 さすがに、一九九八年に危ないと気づいたようで、梶山静六(かじやませいろく)を担ぎ出したりしましたが、竹下自身は生きている間は逃げ切りました。

 共和党の中にはウィーク・ジャパン・ポリシー派とストロング・ジャパン・ポリシー派の両方がいます。

 共和党のウィーク・ジャパン・ポリシー派というのは、基本的に日本に興味がない人たちです。