「ディズニー・クリスマス」が開催中の東京ディズニーリゾート。アトラクションに乗って、ショーを観て、軽食を食べて…そんないつもの楽しみ方もいいですが、少し視点を変えるだけでパークの新たな一面が見えてきます。今回は、人と差が付くディズニーシーでのおみやげ選びについて、『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』(みっこ・著/KKベストセラーズ刊)よりご紹介します。

■シーでしか買えない特別なおみやげ

 ふたつのパークで販売されているさまざまなグッズ。大きく分けると、「ランド、シーそれぞれのパークでしか売られていないもの」と「ランドとシーに共通で売られているもの」があります。
 見分けるには、商品に入っているロゴに注目しましょう。それぞれのパークの限定品には、各パークだけのロゴ(例:シーだけなら「TOKYO DISNEY SEA」)が入っています。一方、共通で販売しているものには「TOKYO DISNEY RESORT」のロゴが入っています。

 

 また、それぞれのパークで開催される季節のイベントに関係するグッズは、それぞれでしか手に入らないことが多いです(一部の商品はボン・ヴォヤージュや各オフィシャルホテル、ディズニーホテルのショップでも販売されることがあります)。
 せっかくシーを訪れるのであれば、シーでしか手に入らないオリジナル商品を購入してみてはいかがでしょうか。例えば、自分好みにカスタマイズできるグッズ。
 ロストリバーデルタにある「ロストリバーアウトフィッター」では、名前を入れたり、好きなアクセサリーをつけて自分だけのオリジナルグッズをつくることができます。キーホルダー、スマートフォンカバー、ボールペン、万華鏡、レザーカービングなど、グッズは季節やイベントに応じてさまざまです(販売店舗は季節・グッズにより変わります)。
 また、ランドのシンデレラ城下にあるガラスショップ「ガラスの靴」と同様のサービスをしてくれるお店がシーにもあります。それは、アラビアンコーストにあるショップ「アグラバーマーケットプレイス」。ここでは、好きな文字を入れたフォトスタンドやグラスなど、オリジナルのガラス商品をつくれます。 また、人とちょっと違ったおみやげなら、ホテルのショップを探してみるのもおすすめです。
 例えば、各ホテルのベルボーイのコスチュームを着たミッキー&ミニーのぬいぐるみや、ミラコスタの「ミッキランジェロ・ギフト」で販売されているオリジナルの革製品など、ほかでは買えない商品が見つかるはずです。

次のページ ギフトカードの意外な使い方って?