トランプと渡り合えるのか? わが国の総理大臣安倍晋三。

安倍でもわかる民主主義と議会主義のお話

 現在、わが国で「民主主義」と呼ばれているものは、正確には「議会主義」です。

 議会主義(間接民主主義)と民主主義は別物です。

 選択原理が働く代議制は貴族政に分類されます。要するに、単なる多数決原理ではなくて知性を介在させるわけですね。

 議会では、熟議、合意形成、利害調整が重視されなければならない。

「民主主義は小国では可能だが、人口の多い大国には向いていない」「全員参加の政治は不可能だから、選挙による代議制を選択するしかない」という説明がよくあります。

 でも、それは違います。

 インターネットが進化した現在では、「全員参加の政治」は技術的に可能かもしれない。それをやらないのは、民主主義が根本的に間違っているからです。

 民主主義の起源は、古代ギリシャの一部(アテネなど)で行われていた民主政です。そこでは民衆に市民権が与えられ、民会と呼ばれる議場に有権者が直接参加しました。また、民衆裁判所が設置され、くじで選出された陪審員が裁判を行った。

 この民主政を全否定したのが当時の賢人でした。

 ソクラテス(紀元前四六九頃~紀元前三九九年)もプラトン(紀元前四二七~紀元前三四七年)も、政治は賢者が行うべきだと説きました。

 民衆支配が始まれば、世論を動かすデマゴーグが活躍します。

 アテネの衆愚政治化は必然でした。

次のページ 民主主義はアナーキズムと同様、狂気のイデオロギーに分類されていた…